スキップしてメイン コンテンツに移動

【広告収入について_1】

【広告収入について_1】

/*-----

☆ 1 はじめに

-----*/

まずは私ごとですが、何年か前のことですも、特定のジャンルの記事と、日本語関連のことから、注釈や例えを加えた自分の作品のアップロードをして、ブログの運営をしていたことがあり、その時分に、ぼんやりとですが、解かって来たことがありました。

この

《広告収入について》

では、即座に広告収入を得る方法そのものではなくて、結果的に、広告収入が得やすくなる方法を、例えを交えながら、記していますので、興味があれば、どうぞ読んでみて下さい。

まずは目次を記しておきます。

/*-----

☆ 2 検索ワードについて

-----*/

さて、例えば、下の

【賊】

というお囃子の中には、普通であれば、検索ワードとして使用しない語が、かなり入っていますが、それでも、そのような検索ワード検索をするかたは、いるわけです。
そうやって、その検索ワード検索をしたときに、競合サイトがありませんので、少しの労力で、検索エンジンの上位に表示をされやすくなります。

そんなことがあるので、企業や個人の広告主さんは、ネット広告というものを作るところも出てくるわけです。

何年か前のことですも、個人広告の掲出をするかたが、とても多くにいたことを、覚えているかたは多いと思います。

では、そのお囃子です。

/*-----

*このお囃子は、例えとして使っていますので、意味などを知りたいかたは、別記を参照して下さい。

/*-----

☆ 3 【賊】

-----*/

【賊】

決して名をば語らずに行うるるは幾万人なる他人の用地から盗んだる物をば自らの用地へと植え替えてさあさと人に売るの行為なることでして次々と出荷をばされていざいざ万金へと変わるの是なる仕業は太古の昔より今の今までその存在をば知られたるる国民的なるニ次元の英雄と覆面格闘家の顔をば併せ持つ輩の所業もそれな万金はといえば須らく食うに食われぬ幼き男女の元でこれをば表して日の本では義賊と言わんやの此をば呼ばぬる皆からの掛け声は弓削弓削タイガー。

白い弾力床の密林に今日も嵐が吹き荒れる。🎵

規則無用の悪党に正義の拳をぶちかませ。🎵

弓削!弓削!タイガー!🎵🎵

虎覆面。🎵

-----*/

/*-----

☆ 4 検索ワードについて2

-----*/

こういった【賊】などのようなものは、検索されやすいワードで検索をしたときにも、通常の日記などより、検索エンジンの上位に表示がされやすいんです。
どんな検索ワードを入力しても、自分のWEBページが上位に表示をされれば、とても面白いことになりますし、それによって、ブックマークなどからではなく、検索エンジンから、検索ワードを入力して、WEBページに訪問をしてもらえることが、更に増える可能性があるからで、このかたたちのうちの、半数以上が、新規の訪問者かもしれない。ということです。

検索エンジン対策というものは、どんどんと使えなくなってきていますし、本来であれば、そんなものは、やるべきことではないんです。

ともかく、どんな仕事であろうと、やっていれば、独自の方法論経験から、似たようなことであれば、応用が利くということですね。

/*-----

☆ 5 伊達 直人

-----*/

ここでひとつの例えを挙げてみますや、伊達 直人さんというかたの場合ですも、このかたは、他のかたのWEBページや、Twitterなどからの、記事映像の切り貼りや、他のWEBページ記事と同じような記事、若しくは、全く同じ記事が多数あり、使う文字文体構成が、似通っています。
WEBに限らずに、新聞雑誌からも記事をスッパ抜いて来るので、同じ記事であることは当然です。

まぁ、故意にそうとしているわけですが、何千人とフォロワーがいるところからも、平気で記事をぶっこ抜いてくるわけです。

ここで、まずの断りを入れますと、このかた、つまりは伊達 直人さんと、誰ぞの比較や揶揄をしているわけではなく、例えとして、伝えやすい。ということです。

ともかく、こういったことから、検索エンジン上で、WEBページが上位に表示をされにくいんです。
※この記事事態は、幾つかの記事を纏めたものですが、この記事の元ネタ記事を書いていた頃の伊達 直人さんは、正にこんな体だったわけです。

WEB内で全く同じ記事が存在をした場合には、普通であれば、オリジナルの記事元や、訪問者の多いところなどが、上位に表示をされやすいんですが、検索ワード
伊達 直人
と入力をした場合には、このかたのブログは、検索エンジンの上位から何番目かに表示をされます。
*これは、この読み物の公開をした、2017年は◯月当時のことです。

速報系に位置付けることができることから、その更新頻度をみても、《伊達 直人》と、別のある検索ワードを組み合わせると、幾つもの記事が、上位を占めていますも、今はまだ、沢山ある本家…つまり、本物の伊達 直人さんや、そのかたのことを扱ったWEBページに埋もれている状態ですから、本家のほうが活発になると、Google検索エンジン中の表示位置が、途端に落ちて来ます。

私は別に、盗用が良い。などと言うつもりはありませんが、検索エンジンの表示位置を、落としたくないならば、これをずっとやることも、ひとつの手ではあります。
(これはこれで、疲れますし、おおかたは、嫌だと思いますが。)

ともかく、そうしていると、本人と勘違いをして、このかたのWEBページに訪問をして頂けるかたが、増えて来るはずです。

とりあえず、違反かそうではいかは置いて、この伊達 直人さんの良いところは、例えレイアウトデザイン的に、どうしようもないと思うかたが多かろうと、WEBページに書いてあるテキスト…つまり、文章を、大きくしていることと、太字や色を変えての協調をしていることです。
つまり、書かれている内容が合っていようと違っていようと、おじいちゃんおばあちゃんが、読みやすいんです。
狙いは、おじいちゃんおばあちゃんです。という冗談はさて置き、只、哀しいかな、そういったおじいちゃんおばあちゃんは、まだこのブログを知らないので、あまり効果が発揮できていないのだと思います。
記事中の言は、若いかたが好みやすいものなんですけどね。
*このように記してしばらくとすると、ブログのターゲット層を、シニアにしたことからも、成る程な。と思いましたが、ある程度の結果が出たからか、あまり芳しくなかったからか、今は、ブログのターゲット層を、オヤジとしています。

ここで記したいことは、おじいちゃんおばあちゃん狙いが、合っていようと違っていようと、良かろうと悪かろうと、それは、また、別の問題で、その上で、若いかたに読んで頂ければ、得です。
勿論、知らないかたを騙したりすることは、いけないことであるのは、当然です。

/*-----

☆ 6 検索エンジンへのインデックスについて

-----*/

さて、ここからは少し話題を変えますが、例えば、あなたのブログに、記事なり物語なりが、20個ほどと、あったとします。それで、あるワードで検索をしたときに、その記事物語なりで、検索エンジンの上から10個ほどを埋めることができればよく、20個を埋められるのであれば、20個を埋めることができればいいんです。

これが、別のワードで検索をしても、そんな感じになればよく、その中には、その検索とも別の検索ワードの検索結果に表示をされた、記事なり物語なりがあるはずです。

これが、100個でも200個でも、それ以上にたまれば、何を支配することになると思いますか?

  • ネット???
  • 広告業界???

これらは副産物ではあると思いますが、どうも違う気がしますね。
そういったものではない。という意味で、他意はありません。

以前のFacebookでも、上からダーっと埋められていたことがあり、少し前では、ライクを付けたりするFacebookが、そうとなってもいたわけです。

  • フレンド
  • フォロワー
  • ライク
  • コメント

これらが少なかったのに…です。

これは、別のSNSでのフレンドフォロワーと…関係がなくなったかたも多いですが…今でも、その頃のことが、活きているということもあるんでしょう。

以前に少しやっていましたが、できることが分かると、面白くなくなります。
ただ、こういうのも、いいかもしれません。

また、以下も別段と誰かと比べているわけではなく、例えに使いやすい。といった意味合いからのことです。

伊達 直人検索をしたときに、Google検索エンジンの上位に表示をされる、伊達 直人さんのブログは、
◯さんのブログ
の、ひとつだけで、そのブログの他の記事は、Google検索エンジンの、もっと下位に表示をされます。

/*-----

☆ 7 検索エンジンへの上位表示をお金で解決をするか?人の力で解決をするか?

-----*/

繰り返しになりますが、これが、どんな検索ワードの入力をしても、上から何百個と表示がされると得で、その中には、勿論、別ワードによる検索に引っ掛かる記事があります。

だから、お金を払ってでも、自身のWEBページInstagramYouTubeなりの記事を書いてもらおうと考えるかたが多く、ネット上には、実際に、そういった仕事がものすごく多いんです。

皆、それだけ、自分のサイトをGoogleなどの検索エンジンの上位に表示をしたいからで、人の目に留まるのいうことは、そうでない場合と比べて、全く違うんです。

これだけで、売り上げが何十パーセントも違うことが、あるほどです。

これを、仕事として依頼をしたりするのではなくて、皆で遊ぶことで解決しようとしたのが、巨大掲示板ですが、様々な問題があり、狙ったほどの効果は、得られていないようです。

お金を払っても、大企業であっても、達成されないことが多いので、メーリングリストを運営したりと、他のサービスで、顧客を囲い込むわけで、目に留まるように、広告の掲出をするわけです。
勿論、ステータスだからでもありますよね。

このように、沢山の競争が発生しているので、違反を摘発されても、おかしなほうの、検索エンジン対策というものに、労力を割くことも、往々にしてあるわけです。

/*-----

☆ 8 おわりに

-----*/

さて、この読み物は、【広告収入について】で纏めていることについて、それとは違う例えを出しながらに、記していて、日本時間の2017年08月10日に記した元記事に、直しを施したものとなっています。

google検索エンジンへの元記事の掲載順位は、1.7位ほどです

/*-----

おまけ

-----*/

おまけとしてですが、この伊達 直人さんですも、どうも、性犯罪厳罰化の時分に、このかたが、東京慈恵学園のことについてのことで、使われてもいるようです。

加えて、安部首相広島県の知事が会っている時分に、殴り掛かろうとしたとか、本来であればできないはずが、偽名で病院を貰っているとか、酷い扱われようでした。

この読み物を読まれているかたは、間違えないで下さいね。
上のことは、西日本豪雨と言われるものが起こる1年前のことです。

別ごとでですも、新聞が狙っているのかどうかは別として、このかたにも、故意にそういった、《おかしなことのほう》をやられてもいますので、私は別段と、この伊達 直人さんを庇うゆわれはないんですが、それでもおかしい。くらいには思っていて、当時、何故かメッセンジャーを読めてもいたことから、当然にして、こういったことも知っていて、注進はしましたので、それはそれでね。

世の中には、色んなことがある。ということでしょう。
平穏であることが何よりですけどね。

/*-----

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【売れ行き】

【売れ行き】 この投稿は、2022年は4月の2日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 昨年でしょうか今年のこれまででしょうかの書籍の売れ行きにつきましてのトップ3が興味深く、そのようなことをテレビで放送をせずとはその 作家 さんやら フォロワー さんの言ですも、ひとつと致しまして、テレビで報じると凄いと言いましことと、このようなかたも同様な言としてありますが、反テレビなどの中にも色々なかたがいましとのことですし。 *丁度テレビ番組でそのような放送がありました。 昨年や今年ではなしに、2018年とのことです。カルト本としましたは失礼をしました。 ツイート を読みそのまま記してしまいました。別の話しとの混同もあり。 *まぁある方と同名の名前が出てこちらをどうとのこともありな感じのかたもいますが、その 宗教 とと言いますよりは別の関係でしょうけれど、中の話しとしましたことなそ、もう少し後で記します。 元々、上とは違いましょうも、ある ジャーナリスト さんでしょうかが、 ジャーナリスト でしょうか コメンテーター でしょうかのランキングで30番以内に入っていましなことでありましようで、同人さんがそれのツイートを致しますと、そちら系のかたが同ランキングの上位を占めましようになり、30番以内に入りましかたもトップ5に入りましようになり。 この機関が、 単にサイトで行なっていまあいなもの そちら系のところ 厳正に行なわれまし統計 で違いますが、いっぽうでは、 維新 のかたにも件のかたは ジャーナリスト と言いましよりは(いかがわしい部類の示唆ありかどうかは分かりませんも) 商売人 であり。ともあり、別のかたによりますと、元々が 旅行代理店 でしょうかに勤められましての独立をされましてのかたでありましな旨ありなことで、 旅行 系のことが事実か否かは分かりませんし、揶揄も入りますでしょうし、それ自体が良い悪いはありませんとは思いますが、どうも凄いかたのような感じになりが分からず。 ただ、まぁ 政治 的なことでの、 維新 への講師と致しましての顔もあり、天下りといいましこととは違うでしょうけれども 自民党 と言いましょうか 安倍 晋三 さんともそうでその後やその時分であ

【ロシアとウクライナのこと】

【ロシアとウクライナのこと】 この投稿は、2022年は2月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は最後から記します。《次ですも》と言いましものがひとまとまりです。 それから、 Twitterのモーメントへのリンク を貼っておきます。 *この問題につきまして、他の投稿が間に入りますもはご容赦を頂きたくに思いますが、ここからそれまでの雑記に遡って整理をしようと思います。 まずですも、 百田 尚樹 さん辺りがまた騒ぎ出しました。 ブログに投稿をしましな為に一応纏めておきますが、情勢が混沌としていましな時分には静かであり、そうでなければ日本人へテメェらコラッ!など。 今回は ウクライナ のそのかたにどうのではなしに、 百田 尚樹 さん他に、以前からですも 戦争 を煽り逃げましは辞めて頂きたい。と言いまし話しです。 特に最近は目覚めよ!などと凄いですしね。 次ですも、 プーチン さんの話しですがでは、 ウクライナ の 占領 は含まれておらず、同国の 非軍事化 が目的でありなそうでありですが、同国のかたには武器を置くようにとのことを同人さんが物申していましとのことが TBS の ニュース番組 である ひるおび! で報じられています。 これが事実かどうか、また、真かどうかです。 同 ニュース番組 の放送では、 プーチン さんのことで、 ウクライナ の話しの精神的な部分やら、そちらが母で ロシア のほうが子供でありましと言いまし話しやら、同人さんが幼い頃に読まれましたの 小説 から、 KGB での仕事をしたいと思うようになり、実際にそのようにされていまして、 ドイツ語 もできまし話しやらもありでした。 その後に、同 ニュース番組 でも、 ウクライナ の各地で 銃撃戦 が起こっていましとのことやら、 キエフ の 空港 でも 爆発音 がありやらとの報であり、今後同国から他の ヨーロッパ のほうに人の流出が起こりましたの場合に、受け入れの態勢ができていましか。につきましてなどと言いまし放送でした。 Twitter でも、 ロシア 側が東部での 特殊作戦 の許可をしましとのことが報じられていますが、 バイデン さんの言では、これは計画的なことであり、大量に人が亡くなりましたの場