スキップしてメイン コンテンツに移動

【広告収入で考えること】

【広告収入で考えること】

この読み物も、選挙は無関係ではないです。このブログでも、幾つかの国の、そういったデータを出しましたが、自公の演説で言っていた、GDPや株が上がったのは、事実です。

その反面、物凄く下がったところや、倒産をしたところもあります。

それから、この読み物で触れている、調べ物サイトや、問題解決サイトのことからですが、同じようなことに、慰安婦問題について、ユネスコに登録をするべきだとのことを、韓国側が言っていますが、《賛成ですね、》
ひとりの賛成なんて、小さいですけどね。
普通に考えれば、そういうことは、はやく忘れたいこともあるとは思いますし、政治がかかわってはいけないそうですが、深い結び付きもありますので、日本側としては、《言うことは分かるけれど…》という部分もあるんでしょう。
それで、ことはそれだけに留まらず、別問題から、アメリカと何処かの国だかが、脱退をするとか、資金を出すことを渋ったり…
色んなことがありますね。
このことで、人同士の仲が悪くならなければいいですね。

では、まずはこのお囃子をご覧下さい。

/*-----

【揺】

激しく揺れるは妾か世界かは髭だけが知りもうしが其はさて置き今日もまたしょりしょりとほおずりをばしながらに其方をば愛さん。

-----*/

/*-----

【2017/10/30 追記】

全米野球のことで、ダルビッシュ投手が、色んな問題から、野球を救った。とのことです。
あれくらいであれば、東洋人は気にしないと思うんですが、西洋人のほうが、いけないことだと気にするんですね。
顔で笑って心で泣いて。とか、別の意味でも、堪えたのかもしれないですが、あのコメントは愛ですね。
まぁ、揺れても止める人がいれば良いんです。

地震ではなくて、野球と書いているんです。どんぴしゃり。ですね。
まぁ、私は、掴んだものに酔わないようにしないと。

まぁ、それは置いて、この読み物の、お囃子でもあり、一番下のほうで出てくる、《namaz.jp》さんは、全米を揺るがすチカラを持っているということですね。
今回は、どこからどこまでが、元々を知ってのことか、どこからどこまでが、関連付いたことか、既に沢山の人が知らずにかかわって、大きすぎて、分かりませんが、namaz.jpさんと全米野球界を中心とした関連と私が揃うと、こんな物語ができるんですね。
まぁ、物語であること。そっちのほうがいいです。

-----*/

地震ではなくて、野球とか…パフリックビューイングは、凄かったですね。人が何かで集まってのこととか、そういったことです。

青髭が生えた妾…
どこか不思議な感じがしますね。
ともかく…できはそのものに寄るんです。

そんな人に、しょりしょりされたいですか?

この文章を下まで読んで頂けると、このお囃子が、関係があることが分かると思います。

例えば、集客、つまり、ブログに訪問してくれるかたですが、これは、狙って増やすことと、自然に増えていくことがありますよね。

例えば、アメブロというブログサービスや、はてなというフログ/ブックマークサービスなどで、記事の良し悪しは関係なしに、爆発的な拡散を狙って起こすことなどもそうです。

その場合には、他媒体のものやグループが関係しており、集客に繋げて、末端が詐欺罪などで捕まる。捕まらなくても、大変なことになる。
大元は捕まらないんです。

と、ゆくゆくはこうなります。

今、そういったようになって来ていますね。

考えてくださいね。高額塾だろうが、安いお勉強サイトであろうが、そのものの知識を得られるなら、同じなんです。

言葉の綾です。
私は高額塾がいかんと言っているわけではありません。

《高額塾なのに内容がスカスカで、実践をすれば詐欺で捕まるかも?》

《うちは安いです。というから勉強をすると、結局は内容がないし、実践をすれば捕まるかも?》

なので、SEOのプロだと言っている、大多数のかたや、いやいや、現在はコンテンツの時代だ。などと言っていて、メーリングリストなどからのURLクリックや広告などを、おかしな意味で使っているかたは、大変になってきています。

ここで質問です。

《素晴らしいコンテンツとは、どのようなコンテンツでしょうか?》

Googleさんが、素晴らしいコンテンツを作ることに集中するべきだ。と言えば、自身もGoogleのように

《今はこうだ!》

とのたまうけれど、コンテンツの定義が分からない。

ここで質問です。

《役に立つ記事とは、どのような記事でしょうか?》

実際に検索をしてみると、色んなWEB有名人や、有名サイトが、著しく順位が下がったり、表示そのものがされなくなりましたが、その道では、あからさまにレベルの低いサイトが、沢山、上位にあります。とのことです。

ここでは、レベルのことを書いているのではなくて、そこから何をしようとしているの?おかしなこと?

ということを、書いています。

そもそも、私のサイトが上位に表示をされるほどですから、Googleさんにいたっても、如何にいい加減か分かるでしょう?

下げないでくださいね。

それであれば、Google検索エンジンには、小さな子との触れ合っているページが上位に表示をされたり、他の微笑ましいサイトが上位に表示をされたり、面白サイトであったり…3兆ものページがありますので、そういったことのほうが、とても微笑ましいと思いますが。

本当に、様々なページがあります。

それから、こんな話があります。

上記とは違って、別に違反でもなくて、テレビCMを沢山していたトリバゴという旅行関連のサイトが、あるキーワードで、上位に表示をされなくなりました。

ただ、このサイトは、当時は、今と違って、夜中にテレビCMをしていたんです。

なので、以前からあった

  • 《じゃらん》
  • 《楽天》
  • 《他、沢山のところ》

に、検索エンジン上では勝てないんです。

勿論、ドメインを長く使っていたり…要するに、老舗のチカラもありますが、これはとても勉強になるんです。

WEBや現実の広告業界では、はやくから、《ターゲッティング》のことが、扱われていました。
何十年も前からです

別に、SEOだ。コンテンツだ。から始まったことではないですね。
テレビでも、お昼や夕方のNEWSなどは、これが顕著ですし、バラエティー番組などはそうですね。

要するに、一生懸命にやっても、その効果が、活きてこない場合もあるということでしょう。

さて、訪問者を増やすことですが、前記の狙って増やすことは、とてつもない有名人でもなければ、ある一定以上からは、日々の顔ぶれが同じになります。

後記は、自然に増えていくので、顔ぶれは変わり、うまくいけば、リピーターになってくれることがありますよね。
つまり、何割か何十割かは分かりませんが、前記と同じ効果があります。

自然に増えるかたというのは、そのサイトがいいと思ってかどうかは分かりませんが、何らかの理由から、そのサイトに惹きつけられているわけです。

それから、Googleアドセンスの、クリック単価というものがありますよね。

広告収入が欲しいかたが考えるのはこれだと思います。
これの下限を、ひたすらに上げていけばいいんです。

クリック率は、限りなく100パーセントに近いほうがいいことは、書くまでもありません。
それでも単価が下がらないならね。

何百円〜何千円かのクリックもあるとは思いますが、例えば、Googleアドセンスのヘルプには、こうあります。

  • クリック単価は、広告主が決定する。
  • 宣伝方法などを観て、単価が加味される。つまり、扱われかた…他と違うこと…などをみて、単価が変わるということです。
  • サイトに広告枠を多く取るほうが、競合が発生しやすいので、必然的に単価も高くなる。

考えることはこの三つなんです。というよりは、上ふたつです。

*SEOなどの広告は、まぁ、色々とあるのでね…きちんとしたところでなければ、別媒体で、狙いを定めて攻撃をしようとしたりね。
つまり、あえて書くと、大小は別として、真っ当な企業さんや、人がが出している広告がいいんです。

あとは、広告の表示位置や、大きさなどのグループに対する考えと、オーソリティーやランクのグループに対しての考えですが、これはまた違う話になります。

ここまでで分かることは、《WEBマスター》さん。つまり、個人や企業にいる、そういった職業のかたが、Google検索エンジンのアルゴリズムを解析することは、不可能である。ということです。
アップデートにかかわっているGoogleの社員も、全ては把握できていない。ということとは、また別のことで、そもそも、プロログラマーさんと、WEB系の担当者さん。という違いがあるんです。

これを、他の職業では、よく知っているな。というかたも、おられますが、解析をしているわけではないですから、絶対ではないんです。

検索エンジンの上下幅などから、推測をたてている。ということです。

但し、これを扱ったサイトが、幾つかありますが、それはそれで、事実を扱っていますし、私は上下動を眺めているのが、面白いんです。

このサイトで扱っていることの、関連性です。

ね、検索エンジンの使いかたは、人それぞれなんです。
求めるものも、人によって違うということです。

さて、まずひとつめ。
違反クリックというもののことを扱ったサイトが多いですが、それによると、友達や社内のかたにクリックをしてもらうことも、違反とのことですし、そもそも、購買欲がないかたのクリックは、単価が低く見積もられるそうですが、購買欲というのは、結果を観なければ分かりませんし、そのサイトやWEB以外での購買に繋がっているかもしれません。

つまり、それだけを観ていては、分からないんです。

私だって、自分のサイト以外から買っていますし。

アドセンスは、一般にいうところの、成約型アフィリエイトとは、違います。

元々が、成約率ではなくて、クリック率などを謳っていたんですが、購買経験のあるものからのクリックが良かったり、そういったことがあったとしても、如何にクリックをしてもらうか。です。

ただ、Googleにも色んなかたがおり、広告主さんにも、色んなかたがいるということです。

確かに、誰かの役にたつサイトであるべきである。との言が多くありますが、特に日本には、広告収入や何らかのアフィリエイトを扱うサイトに対しての問題解決を主としたサイトが多数あります。

確かに、世界で一番の広告収入を得ているサイトは、wikiで、これも、検索者の問題を解決することを意図しています。

調べ物サイトということです。

但し、これと上とは、また違った意味がありますし、何かを深く知るには、経験も大事になります。

それから、例えばブログやYouTubeがうまくいくと、他のことをしなくてよくなります。
するのは、経験としてすればいいんです。
勤めているだけではなくて、経験として、遊びや他をすると思いますが、それと同じことです。

ともかく、SEOなどを扱った、こういったサイトのほうが、広告を載せる審査に受かりやすいとのたまうかたも多く、単なる日記などを書いたサイトでは、審査に受かり難いとの指摘がありますが、後のことを考えると、単なる日記や、何らかの創作物を載せているサイトのほうがいいんです。

本物のブロガーさんやユーチューバーさんであれば、この意味が分かると思います。

WEBで創作物を公開していて、アドセンスをやっているかた。この意味が分かると思いますが…

そうです。クリック単価です。

多いか少ないかは分かりませんが、クリック単価の下限が90〜110円のかたもいます。
もっと上がるでしょう。

理由は、日記サイトであれば、他のかたと同じ経験はなく、この為から、他のかたとは全く違うサイトができるからで、同じような経験をした。とか、私は違うと思う。とか、訪問者さんの共感や反発を呼ぶことができるサイトのほうが、有利である。ということです。

そうすると、サイトに出る広告も、SEOにかんしての広告だけではなくて、色んな種類の広告が出るようになります。

日本のものに限っても、広告には、本当に沢山の種類があります。

こうなってくると、サイトの本文では解決をしなかった問題が、広告で解決をする場合があるんです。

つまり、クリック率が上がりやすいんです。

*日記や創作物サイトは、問題解決を主としているわけではないので、広告が問題を解決するんです。

広告が
《こんなのがあります》
という、サイトの補完の役目を果たすようになる。ということです。

これが広告の本来の役目ですね。

ひとつのことだけを扱ったサイトであれば、時期に左右されます。
SEOなどは、移り変わりが激しいです。当時はこうでした。と、昔に書いた記事を、紹介するとこと、昔に書いた創作物などを紹介することと、混同して…まぁ、わざとでしょうけれど、記事が書けなくなってくると、過去を振り返る意味とは違って、これをしだす人も多いんです。
いけないわけではないですけどね。
それも面倒になれば、外部発注になってくるんです。

時流を見極めて、ずっと書いていけること。これが得意なかたであれば、いいんですが、サイトに出る広告は、必然的に、それと関連したものが多くなります。

ひとつのことだけに特化をして扱ったほうがいいのは、広告主さんのランディングページです。

とはいえ、いきなり、それまでの記事と全く関係がないことを扱うと、ページ毎の関連性がなくなりますので、検索エンジンでの表示が、必要以上にバラけることになります。

なので、内部リンクがあるんですが、できれば、必要以上には使いたくないですね。

どんなキーワードを打っても、検索エンジンに、できれば一番上からズラッと表示をされることがいいんですが、ページごとの関連性が薄ければ、まずはあるキーワードで、としても、それができなくなります。

そうです。
検索をするかたが少ないキーワードで表示がされても、検索をするかたが多いキーワードで表示がされなければ、広告の単価が低い場合には、なかなかにしんどいです。

私が書いているのは、以前の読み物でも書いているように、Google検索エンジンそのものを、自分用にカスタマイズをする。ということです。

例えば、文字ベースのサイトを作って、それがGoogle検索エンジンにインデックスをされるということは、自分のページに書かれている文字というもので、Google検索エンジンをカスタマイズをしているのと同じことです。

これは、自分のページの表示位置だけではなくて、他のかたのページの表示位置を、決定している。ということです。

つまり

《あなたのサイトは他のかたのサイトに影響を及ぼしている》

ということで、これは

《あなたのサイトは他のかたの人生に影響を及ぼしている》

ということです。

大袈裟なことではなくてね。

最近ではSEO関連の

namaz.jp

というサイトとも、少し関連が出てきました。

この読み物が、選挙と関連があると書いたのは、GDPのこと。他にも、ターゲッティング特殊詐欺をしているかたが、多数捕まっていること。他…

それから、広告というものは、広告主を守ることと同様に、掲載サイトの、主に利益についても、守られなければならないんです。

取り敢えず、Googleアドセンスのクリック単価は、まだまだ上がるでしょうし…だいたい、とりあえずは、これくらいまでにはあがる。とは書いているんですが、外れるといけないこともあって、言えません。

また、海外には、サイトに掲載をする広告の、最低入札価格を指定できるものもありますので、そちらも視野に入れたり、それやGoogleアドセンスをやりつつ

fluct

のようなものへの登録を、視野に入れてもいいのかもしれませんが、fluctは、何故か、やっている人が少ないんです。

一説によれば、月に10〜50万ほどのアクセスがいるとか…300記事以上なければならないとか…色々と言われていますが、ほんとに?サイトの質ではなくて???

ともかく、fluctは、色んなところの広告の中から、今、一番、入札単価が高いものを、見繕って、表示してくれるそうですし、これ自体はGoogleも他の幾つかのところも、自身との契約媒体内でやっていますが、このサイトでは、もっとアクセスが多くなってからですね。

全てのところではないにせよ、一部の広告主に対して、掲載サイトが弱すぎる。ということから、こういったサービスもあるのかな?と思いました。
どちらかと言えば、今は、広告主さんが、載せてやっている。ということもありますが、メディアが育ってくれば、これがトントンか、入札価格を決めることができるようになりますし、要は、ブランディングということになるんでしょう。

あとは、多くのかたは、ブログだけではなくて、何らかのSNSをやっていますよね。そのランク…以前はエッジランクと言われていましたが、今は、様々な要素が関係をしているそうです…を、上げていけばいいんです。

コメントだ。ライクだ。とかね。
コメントのほうが点数はいいようですが…

これが高いことは、投稿順や、直ぐに消えない投稿。ということになったりしますし、ある程度上がってくれば、しばらくであれば、勝手に上がるようになる場合もあります。

SNSでの活動が、実は直接に検索エンジンにかかわっている。と書いたんですが…何らかの行動を起こすアクティビティがかかわっているということは、例え、リンクがノーフローでも、直接にかかわっているんです。とかね…これは逆も然りですね。

ただ、点数よりも、フィードではなくて、わざわざ自分のページに来てくれる人がいるということは、できるときには、自分もそれをすればいいんです。
というか、楽しんだり勉強をしたりするものですよね。

一度、ドン底まで落ちていたエッジランク…と書きます…が、また上がってきたのは、ネット以外での、色んなかたとのことや、日本語学校やら、海外派遣やら、他…党やANAへのコメントや…実社会でですが、以前に阪急交通社さんとも話せましたし、日本以外のかたとも、少しずつ、付き合いができていますし…元々あった、別の国とのことなどが、かかわっているようです。

そうそう。Facebookにいきなり増えた、おそらくは日本人からのアフェリエイトリンクが原因ではありません。

Facebookでの直接のアフィリエイトは禁止なのよ。
私のフィードでも、販売のグループがあるのは、興味があったからではなくて、ある日そうなったんです。自分が認めているんです。
別の人にも、別にいいんだけれど、ものすごく悪いことはしないでね。危ないことには気を付けてね。くらいには、言っていますけれど、そういった経緯なんです。

その為の遊びができましたし…Facebookの投稿で、スマホを観ているものが、すごく多かったんです。
そういう遊びです。

アフィリエイトリンクが、日本人のかたである場合のことですが、無茶なことをしたり、騙したりして、分からない人に売りつけることを考えてのことならば、辞めておくほうがいいですよ。こう書くのは、そういう人を、沢山みてきたからです。
ここしばらくは、Googleさんから締め出されたかたが、Facebookに流れて来ていますね。

/*-----

【2017/11/05 追記】

世界の果てまでイッテQの再放送を観ました。

《みやぞん》さんがアクロバティックなことをやっていましたが、凄い。

ヒーローインタビューまで受けて
《サムライ》
などと言っていたのに、あのポージングは、忍者ですよ…

そう言えば、アドセンスのテストに、忍者アドセンスを入れていますし、《みやぞん》さんも、やっぱりMなんです。

行列のできる法律相談所でも、オネエ(ニューハーフ)が沢山出て来ました。
《マツコデラックス》さんも、フットボールアワー《ごとう》さんがモノマネをしていたかたも、やっぱりMなんです。
これについては、面白いことがありましたので、後に別記します。

-----*/

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】 この投稿は、2022年は2月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本時間は26日でしょうか、 国際銀行間通信 から ロシア の一部の 銀行 の排除とのことであり、 アメリカ イギリス フランス ドイツ イタリア カナダ EU 他の国に致しませど、色々な関係もありますので全てが同じにはできずと、それぞれができまし部分で色々なことを行なっていましたり。 *日本時間は27日のニュースでは、 日本 もこれに加わりましとのことが報じられています。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【情報の通る道】

【情報の通る道】 この投稿は、2022年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 昨年末に別の意味で言われましたのことで、それにつきましてのことは記していますが、どちらか若しくは別の幾つかが嘘を伝えた。が正解か、そこ若しくはその上ですね。これにつきましてはもう少し詳しくに別記を致します。 ネットワーク の部分は、以前のものですが、ある程度に記そうと思ってはいましたし、良い話で記せれば良いのに。 丁度 Wi-Fi のことにつきましての ツイート をされましてのかたがいますも、遡ってのこと。 これも地元の話と関係があり、通信をしましと言いましことはそこに情報の塊の道があり、それを通じましてのアクセスでありませば、あちらのものも残りと言いまし意味で記してもいましたり。 それがクルッとなってもいましたり。 そのことなどの 関連 やら、それ以前のことへの繋がりは、記していますので覚えていましたり。 百田 尚樹 さんが言われましたのあるかたにつきまして、自分はそのかたの正体は分かっていましとのことは、 メッセンジャー を観ましてのことでありませば、地域までしか分からず、調べることを致しませばもっと分かりと言いましだけの話であり、それではなしに、それ以前にそのかたから別の意味で議員さんにそのようにされていましとあり。 百田 尚樹 さんの話はこれであるかもしれずです。 議員さんに取られましたと言いまし話しとは別であり、まずはそれがあり、ネタと言いまし冗談も含まれましてでか、以前から信のおけませんな部分も多く、 安倍 晋三 さんの名前の入れ替えをされましかたのものあり、おもしろいので観ていましたが... Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase