スキップしてメイン コンテンツに移動

【blogspotについて】

【blogspotについて】

どこかのブログサービスを使って、それに広告を貼っている場合であれば、Googleのbloggerサービスは、独自ドメインでなくても、つまり、blogspot.jpのままでも、広告を貼れるということがあるんですが、他のブログに広告を貼っていない場合には、どうなんでしょうか?

この場合でも、ynimkは、blogspot.jpのまま、広告が機能していました。

そうです。《できる》が正解なんです。

*但し、この方法は、規約にも書かれていない方法ですので、お勧めはしません。

一度、ynimkドメインのほうを外されて、そのドメインが、大元からなくなっていたので、その間の1日か2日は、このサイトはbloggerではホストをしていない。とのメッセージが出ていたそうで、サイトの表示がされず、その後、アドレをblogspotに戻すと、広告を含んだ表示がされていたんです。

ひょっとすると、アカウントだけ持っている他のブログサービスそのものが、Googleアドセンスを使用していることから、他のブログで広告を表示していることと、同じことになり、それだから、blogspotドメインのままでも、広告の表示がされていたのかもしれませんが、上で書いたように、Googleの規約にも書かれていない方法ですので、あまりお勧めはしません。

それから、昔はJPドメインのことを嫌う外国のかたも多かったんです。その理由は、根こそぎ台無しにするからです。

ともあれ、この状態のメリットは、SSLという暗号化と、開始当初はblogspotというドメインが元々持っている、権威性などの影響を享受できることです。
つまり、あなたのブログは沢山あるblogspotの仲間ですよ。と言ってくれているわけで、ブログを開始したばかりであれば、これがとても有り難いはずです。

blogspot傘下には沢山のサイトがありますね。

それらが影響をし合っている。ということで、とどのつまりは、悪い影響も受けるということです。
それでも、高い権威性は魅力ですけどね。

デメリットは、育てたブログのドメインを、いつか、別のところで使いたいと思ったり、何らかの理由で、移転しなければならなくなった場合に、共用ドメインであるblogspotドメインは、持ち出せないということです。

それから、これは余談ですが、広告収入を本気で考えるならば、おそらくは、数え切れないサイトの中に埋もれることになるとは思いますも、検索エンジン最適化テクニックだ。などと頑張るよりは、ブログの文章を英語で記述してみるのも、ひとつの手段かと思います。

*他サイトの文章などを翻訳するだけ。というのは、お勧めしません。

その理由は、英語を理解できる人が多い。のもありますが、GDP広告業界です。

ね、これは社会勉強になりますよ。

身も蓋もないことを書いてしまえば、国内総生産の高さと、それが関係してある広告業界の活発さの為から算出される、将来的な広告収入の享受などを視野に入れる。ということです。

あとは、人口の問題です。

このサイトでも、イギリスだかアメリカだかと、中国の広告が出たことがあるそうですので、ひとつ試しに、サイトの英語版を、作ってみるのもいいかもしれませんよ。

それから、これは注意ですが、おそらくは、どこかのサイト広告経由からか、テレビからかは分かりませんが、以前の以前の会社の、60代の男性が、当然、自分の名前で、別会社から借りている携帯電話で、他人の住所を使って、そこにサプリメントが届くようにしているとのことがあるそうです。

それが、幾つかあるようです。

郵便配達のかたは、記されている住所に届けますよね。
サプリメントを販売している会社は、注文があった住所に届くようにしますよね。

それで、届いたものを、他のかたが、勝手に断ったそうです。
ということは、注文をした本人も、要らないんです。

てまり、携帯電話を支給している会社からすれば
《うちの住所を使って、要らないものを注文したの?イヤガラセ?》
ということになりかねないんです。

これは日本人の話ですよ。
外国のかたを、除け者にしているのではなくて、色んな国が出てくるブログですから、きちんと書かなければ、分かり辛くなるんです。

でも、普通であれば、特にサプリメントのようなものは、お試し期間があるんです。
それから、クーリングオフが効くのでは?

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】 この投稿は、2022年は2月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本時間は26日でしょうか、 国際銀行間通信 から ロシア の一部の 銀行 の排除とのことであり、 アメリカ イギリス フランス ドイツ イタリア カナダ EU 他の国に致しませど、色々な関係もありますので全てが同じにはできずと、それぞれができまし部分で色々なことを行なっていましたり。 *日本時間は27日のニュースでは、 日本 もこれに加わりましとのことが報じられています。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】 この投稿は、2022年は2月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本 の ニュース の報ですも、 プーチン さん個人にも制裁が課せられましては、 EU やら アメリカ やらが 資産の凍結 とのことです。 それ以前に何名かのかたやらがそうであり、その後に追加で言われていましなかたもいます。 *日本時間は27日に、 日本 もこれを行ないまし旨報じられています。 今、 日本 の ニュース では、 ロシア 側につきまして、悪いのは プーチン さんひとりでありましょうの旨、そのような放送にもなってきてもいますが、確かにそのような部分もありますでしょうけれど、軍にも多少なりと物言いまし権限はあるはずであり。 また、 プーチン さんの 支持率 が80%ほどから70%を切っていますとか、これで 支持率の下落 との報もありますが、 インターネット では10%を切っていましとのことが言われていましなそうであり、本当に 支持率 がこれだけ下がっていましならば、 ロシア 側でも反戦のデモが更に深刻化をしていく可能性もありますし、 日本 の放送の一部ですが、例えばですも、 最近は強靭なパフォーマンスがない パーキンソン病の可能性 正確が変容をした ドイツの前首相であるメルケルさんもそのように言っていたなど ロシア軍の偉い人もプーチンさんにおかしいという書簡をあてたとか ロシア軍もかなりの数がプーチンさんに不信感とか 日本 での眉唾含む意味で、 ドイツ のあるかたが言われていましなことと似てきていましたり。 中国のふたつの言 ロシア の 大統領 個人だけに責任を負わせましての 侵攻責任の回避の伏線かもしれず とは思えますが、 ロシア の一般のかたはそれすらできず、反戦ののデモで捕まりましたり、これがありますので イギリス は 亡命政府 の受け入れもでしょうし。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase