スキップしてメイン コンテンツに移動

【フローについて】

【オーバーフロー】

この投稿は、日本時間の2018年の10月の29日と同年は同月の31日と同年は11月の1日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

ここでは、オーバーフローというもののことを記しており、それ以上に何かの推測なりをなされるようなものではありませんことを、まずはお断り申し上げておきます。

別ブログに、【ブログのマシン化について_まずは謝辞】を公開した前後のことですが、主に下のようなことが起こっていました。

  • イタリアでの浸水被
  • インドネシアでの航空機の事故
  • 《ノ》の字型の雨雲
    これは関係がなくて、ただの雨で、主データには利用をしておらず、副データ程度ということです。
  • 日本での自衛隊機の事故
  • 台湾での日本製の列車事故
  • インドでは、何年間かで、列車事故に何千人だか何万人だかが巻き込まれているそうです。

などがありました。

普通であれば、この中で分けるのは、気象人的なことですが、自身のデータの中では、そういった分けかたはしていませんし、データは取っていたのではなくて、取らざるを得なかった。ということで、犠牲の上にというものではなく、やっていることの傍に取っていたという意味合いです。

また、このデータは、自身と知り合いなどが使うことだけを考えての、名ばかりのもので、一部のかた以外には、意味をなさないものです。

最近ですも、どんどんとgoogle検索エンジンがパワーアップをしていますし、気象予報士さんも頑張っているわけですが、気象の予測はまだまだです。
*自然の災害ですから、ある程度の理論的な解答があれど、どうなるかは分からないことがあり、このことに対しては、こちらは、お疲れ様です。と労う他はありません。

さて、問題はここからです。

普段は普通のかたですが、こういったかたがいます。
自閉症といったような意味合いではなく、パッと湧いたイメージを言葉にすることは難しくて、この辺りは、自身にもある程度の解答がありますので、別記事で順に記していきますが、そのかたが、例えば、

火事だ〜

と言ったとします。

この火事が目の前でのことであれば、その言葉だけで通用をしますが、そうではない場合には、

何処其処で

と言った言葉がなければ、分からないわけです。

人間は、元々、こういった能力を持っており、例えば双子などは、片割れが怪我をしたことが分かる場合があったりとするわけですが、そういったことが、もっと言葉になれば、つまるところ、右脳と左脳のバイパスということになりますが、言語野の問題ということで、詳しくは別記をしますが、これも、別ブログのAIというカテゴリーを使ってのひとつです。

ともかく、メッセンジャーに火事の件を書いた少し後のことですが、

  • ハロウィンの時分に、火事があり、海外新聞でも、こういった行為についてが扱われていました。
  • 同日だか次の日に、東京の、別どころでも火事がありました。
  • この辺りでも、昼間に、7件が燃える火事がありました。

狙ってやっているのであれば、火事ですから、論外です。

狙ってのことでなかった場合には、要するに、オーバーフローを起こしているわけで、キャパシティーの問題です。

ここでは、簡単に記すように、随分と端折っていますが、本来であれば、このような簡単なものではありません。

メッセンジャーからのデータに対して、狙って頂けていることがあるとして、おかしなこともありますが、こういった自然のことが起こるわけです。

そういった良い面での関連がマイナスに作用をしたこともあり、有り難い反面、フローを起こすこともあったんですが、別ブログに記した、

googleだけではなくて、Facebookでもできる

としたのは、確定です。

観えかたが違うだけのようです。

殆どのかたは、これらのサービスを、遊びや勉強の為に使うわけですが、例えば、災害情報の予測などについても、精度を上げることができる余地がある。ということで、そういった面でも、様々なことをやっていると思います。

それから、こういった突発的なこと、つまり、考えた末の流れなどではない場合には、狙っていようと、何らかの数値なりを読み取っているのであろうと、同じです。

また、こういうことを知っておけば、社会に対して、別の観かたもできる。ということです。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【百田 尚樹さんへの勝手な返しへの説明】

【百田 尚樹さんへの勝手な返しへの説明】 この投稿は、2022年は1月の11日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 百田 尚樹 さんの話が面白かったですので、それへの返しの説明です。 百田 尚樹 さんがこちらが遡りながらのことを合わせられましてでしょうか、他のかたがそのようにされましてのことででしょうか、電車の話で同じようにされましてはできずでありましたの話と下です。 難しいですが、◯さんは周りの多くからは一見おかしな理論の構築をしているように観られましも、その実 理 の無視はしていませんと致します。 それと同じような、または◯さんのほうのことを記していましたの、△さんと□さんのことで、そのようになっていましたり。 ですので、もうできないと致しました。 黒瀬 深 なる人物と 米山 隆一 さんの話でも良いですし、ですので、ある誌面が余計に 黒瀬 深 なる人物の正体というかを晒そうとしたのかもしれませんが、これにつきましてはその実どうでありますのかは分かりません。 テレビで同じようなことを扱い、捏造ではなしのチョッとした奇跡のようなことがポンポンありましたのことや...当時の 吉本興業 に多いんです。 同じことをと言いましょうか、記していましなことの放送が多いですので。 最近のことですも、たまたま、 日本に来られましの米軍の検査の話 東京の小笠原での地震 大分県での地震 匿名出産について 消防のかたの懲戒免職 パトカーへの落書き (今のニュースは捏造を挟む場合があるので事実かどうかは分かりません) 東京での焼肉屋さんへの刃物を持つ立て篭り があり、上のリストと、それ以前の 【時間と空間について_物質の移動までの現在位置についての一部と2022年以降の一部について】 やら 【大阪の北区の何処でかの放火と観られる出火についてとテレビのニュースと当時の 愛媛県の話と丁度に記したことについて】 の一連の、同じ部分もありますが、それではなしに違いにつきまして。 米山 隆一 さんと 黒瀬 深 なる人物の例えと致しまして、同じような意味としても記せます。 これを故意に、どうやればどうなるのか。などの当てを行ないましてのことであり、そ

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了