スキップしてメイン コンテンツに移動

【ブログと関連があるドメインなどについて】

【ブログと関連があるドメインなどについて】

この投稿は、ここ最近に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

現在のところですも、ブログに幾つかのgovドメインとの関連があります。
有り難う御座います。ですね。
これを記すのは、当ブログには、ハッチャケている投稿もありますが、別からにして犯罪の助長をするような、おかしなブログではない。ということを記しておく意味合いからのことも多分に含まれております。

その一部を下に記しておきます。

  • 様々なFacebookページ
  • ある歌手のページ 有り難う
  • 別記をしますが、別の国からのある国への、幾つかの歌手へのファンのFacebook
  • 他にも沢山のファンのFacebookページ
  • アイドルだかモデルだかのFacebook。ご本人様のようです
  • ヴァーチァルアイドルと言われるもののページ
  • スポーツ番組やコメディ番組、TBS系列?や他系列の放送などもしておられる、ネットのかなり大きな番組サイト
  • 韓国のページ
  • comドメイン 英語が多いです
  • eduドメインである幾つかの大学機関 ベトナムの大学もありますね
  • skドメインであるスロバキアのページ
  • ruドメインのページ ロシアですね。勿論ロシアの言葉が多いです
  • vnドメインが多数 遊びや勉強が重ですね
  • オランダのドメイン
  • フランスのドメイン
  • ドイツのページ
  • orgドメインからのもの
  • ゲノムだ遺伝子だとか、国立化学研究所
  • ある国の証券取引所…政府の機関ですね
  • 他研究機関…遺伝子であったり、化学研究ですね
  • 衣類や日用品のページ
  • grドメイン 組織を表わす日本のセカンダリードメインではなく、ギリシャのドメインです
  • suドメイン ソビエト連邦が解体をした後もあるんです
  • jpドメインが幾つか
  • tvドメイン
  • 日本の大学
  • アメリカのどこかの州の昔の新聞
  • オーストラリアの新聞
  • インターネットアーカイブからのもの
  • 他多数のドメイン

  • 他多数の研究機関や個人の勉強や遊び

本当に有り難う御座います。

以前に、現在のブログにアクセスがある国のことを記しましたが、それとはまた違う意味です。

その関係と、最近にまた出てきたものからの注意があります。

まず、govドメインは、アメリカの政府の機関しか取得をすることはできないんです。

日本にも、アメリカの政府の関係者だとして、govドメインのリンクの販売をしているところがあります。
何かの機関ではなくて、おそらくはグループだと思います。

それで、そういったところは、

  • govドメインからのリンク
  • govドメインの下位のディレクトリーからのリンク

で、値段が違い、これは当然です。

おそらくは、govドメインからのリンクを頂いたところが、そのかたのページからのリンクの販売をしているのではないか。と思います。

気を付けなければいけないことは、リンクの販売は、程度にもよると思いますが、禁止事項となっているわけです。

程度にもよる。としたのは、例えば、飲み会や何かの集まりで、相互にリンクをしたり、ご馳走になったおかげとして、リンクをするとか、そういったこともあるからです。

こういったリンクの販売は、個人間のことであれば、そこまでの問題はないとは思いますが、それが商売として成り立つようになると、若しくは、詐欺商法のようになってくると、少し注意が必要になり、以前にも、日本のかたで、このことからのペナルティーを受けたかたもいると思います。

これが本当にペナルティーであるのか、訪問者さんが飽きてのアクセスの落ち込みかは分かりませんけどね。

例えば、リンクをひとつ、何十万円から何百万円で売っていたとします。
そのリンクは、実はそこからのものではなくて…などとなってくると、大変な問題ですね。

どこぞの役所関係にも、リンクを売る。ではないですが、似たようなことがあったはずで、バレた場合には、《そういったことは、個人のページでやれ。》とはなるはずです。
*広告の掲出をする旨を言っておられる自治体はあり、これはその国々のこともあるとは思いますが、違反かどうかは分かりません。
google的には違反ではないですね。
*郵便局が、元々、実社会でのポスターなどの掲出を行なっていることとは、また別の意味合いです。

こういったことは、あまり言うと、おおかたの日本人からは、お前には関係がないだろう。と言われるようなことで、そうではないかたも、知らん。とすることが多いんです。

バレた奴がドジなんだとね。

自分もそういった詐欺商法に関係をしているわけではありませんが、厳しくなりすぎると、困りますしね。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

/*-----

【2018/11/21 追記】

他も増えているようですが、gov系が、また増えました。

地質調査所

です。

  • 水文学
  • 地質学
  • 地理学
  • 生物学

といった観点から、同国を脅かすハザードに対しての研究をしているところだそうです。

jp系のひとつは、アメリカに住んでおられるかたか、よく行っておられるかたのページです。
googleのカンファレンスなどにも、よく出られているかたです。

-----*/

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase