スキップしてメイン コンテンツに移動

【宅近くでの火事の件】

【宅近くでの火事の件】

この投稿は、日本時間の2018年の11月の05日と同年は同月の06日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

まずのことですも、ここで疑心暗鬼のように記していることは、理論があるならば、それの反対意見をぶつければ、その理論がどの程度のものかが分かるということからで、崩れなければ、それなりのものだ。ということを示すものであり、誰かを陥れたりとしているわけではありませんことを、お断りしておきます。

さてはこの辺りで起こった火事の件ですが、自然なことではなかった場合に考えるに幾つかのことがあり、

  • 昼間にあったこと
  • 保険会社や飲食店もあるに人的被害が出ていない

ということです。

それで、最近のおかしさに関連をして、

  • 警察関連
  • アメブロのかた関連

くらいには、自然な流れとして考えるわけです。

ただ、この辺りの警察であった場合には、そういうことをしていると、バレることから、有り得ないんです。

一番の可能性があるのが、アメブロのかたの関連ですが、そのことを知ったかたが、そうとみせかける為に行なった。とも考えられるわけです。

開け放しの倉庫などがあることから、可能ですし、火事が起こったのが昼日中ということから、何らかのボヤであれば、誰かが気が付くと思う次第のことです。

燃えかたは、端の店、つまり、道と隣接をする店は、建物と隣接をするほう、つまり店の奥から燃えているんです。
ということは、その建物のほうから火が来たわけで、その方向にあるのは、お店と、それら店々の間にあるのは、倉庫です。

店からの出荷である

とは言われていましたが、もう一度記しますや、火事が起こったのが昼日中で、お店をやっていて、人的な被害がない。ということは、良いことであったにせよ、どういうことか?とは考えますし、加えて、そこに住んでいたり、従事をしているかたたちとは関係がないことだ。とすれば、どういうことでしょうか?くらいには考えるわけです。

まぁ、先の、同じ名前を出しての予告めいたもの。という懸念から、その同じ名前のほう、つまり、当ブログで記しているほうとは関係がなかった場合に記しておきますや、そういったことをしていると、色々と怪しまれるわけです。

そこに住んでいるかたや、従事をしているかたは、放火を起こしたりとされるかたではないですので、故意に外して考えているわけですが、全てが違った場合には、そちらは?と考えるかたもいるわけですも、おそらくは、ヒーターとか、ボヤからでしょう。

人的な被害がなくて何よりです。

さてはもう少しよく見てみなければ分かりませんのでそうとしてみますと、どうも、ふたつのお店が中で繋がっており、そこから火が出ているかもしれないわけで、これは恐らくは確定です。

被害があった周囲の7件ほどを見てみますと、全ての店や保険会社は、外装は残っており、中側だけが燃えているんです。
例えば、あるお店は、二階の床が落ちていたり、壁が真っ黒になって崩れていたりとするわけですが、

シャープの記号を考えると、分かりやすいかもしれません。
#》という記号です。

真ん中以外は、お店や保険会社に開け放たれた倉庫だとして、真ん中が、その内のふたつのお店の奥とします。

燃えたのは、その辺りか、倉庫かなんです。

まぁ、すぐに分かるでしょう。

といいますか、この話は、出た時点で、ボヤなりヒーターなり、そういった乾燥のことで片付く話で、人的被害が無かったことが救いですが、そうは言っても、周りのお店までですから、その後が大変でしょうけれど、保険の不正受給云々である可能性の除去をしているのは、そういったかたではないからです。

今回のことは、自身が納得をできたわけですが、その反面、これまで何年かのデータからの、別ブログで記している、ブログのマシン化についてが、一層確かになった気もします。
他の様々なテストを兼ねてもいますが、この辺りのことも、例えを用いながらにチョコチョコと公開をしていきます。
こういった理論に胡座をかくことは、やるべきではないですので、常に反対意見を作ったりとして、ぶつけてみるわけです。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase