スキップしてメイン コンテンツに移動

【やはり自と維】

【やはり自と維】

この投稿は、2020年は2月の1日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

ニュース番組であるモーニングショーでの報ですが、日本維新の会が、新型肺炎が問題となっているこのような時期であるので、緊急事態条項についてをやれば、国民の理解を得やすいのではないか。とのことを言っていたようですが、この辺りのことについては、公明党も、必要であるだ、今は必要がないだ、加えるだなどと、このような体ですね。

多くの国民は、いい加減にして欲しいと思っているんですが。
国会議員にこれが分からないのが不思議です。

自民党参議院のかたも、あくまでも読んでいるかたが新型肺炎であるコロナウイルスについてと思うようにしてですが、その実同じことで、緊急事態条項さえあれば、このようなことになってはいない旨tweetをしていましたし、そのかたによるところではなかろうと、テレビまで使用をして、現法では対応ができないとしたり、このようなことを、様々なときのことあるごとに言っていますが、それは違い、現法で対応ができるはずです。

結果として、クルーズ船などのことがありますが、そのことに対するtweetではないですね。

国会議員に対して、自分たちを縛る、国民にすれば法律ですね。の危険な部分を弄るな。と言いたいかたは大勢といるわけですが、何故か今の国会議員には、そのことが理解をされない不思議があります。
安倍首相は、憲法9条を変えることが悲願であるとされていますが、今の好き勝手にしている国会議員を観ていると、一般人が殺人を犯しても裁かれず捕まることもないようにしたい旨言っていることと同じではないかとしか思えないんです。

さては新型肺炎コロナウイルスに感染をしている疑いがあるかたが、当初は受診の拒否をしたのでとか何やらのことから緊急事態条項のことを持ち出した旨ありましたが、このことと、安倍首相の言としての、
《あなたの為ですよ。などと説得をしたが受診の拒否をされたからで、そのような法律がないから》
ということや、その後にですも、検診を受けるとしたとの読み物もあります。
このようなことで緊急事態条項の是非の利用をすることがおかしいと思います。
本当のところは、現在の安倍政権を鑑みて、表向きは新型肺炎であるコロナウイルスと掛けて、新聞でさえ、高まる緊急事態条項の必要性などと書けば、そうなのか。となるだけのことではないかと思いますし、それを狙っていたんでしょう。

新型肺炎であるコロナウイルスは、日本では、指定感染症の扱いですね。

指定感染症は、蔓延をした場合には、国民の生命やら健康に重大な影響を与えるかもしれないものに適応をされるわけです。この指定感染症の適応がされれば、患者の入院措置やら公費による適切な医療の提供と、医師の届け出による患者の把握と、免疫学調査というものがあり、厚生労働省新型肺炎であるコロナウイルス指定感染症に定めました。

安倍首相の言では、検診を受ける旨聞いていただけなかったので、その後の混乱やら病気の広がりとして、指定感染症に定めたとも言えますが、自民党参議院のかたと日本維新の会に対してですも、緊急事態条項?関係がありますか?と思います。

それで、指定感染症の定めがない場合ですが、地方の自治体やら医療機関に対して、武漢というところへの滞在歴があり、呼吸器の症状を訴えての受信をした患者については、新型肺炎であるコロナウイルスに感染をしている可能性を考慮に入れた診療を行なうように依頼をし、医療機関で原因不明の肺炎患者の診察をした場合には、保健所に報告をするようにし、濃厚接触者の特定をしての健康状態の把握に勤める。ということであったはずです。

これであるので、安倍首相の言である、《あなたの為ですよ。としても聞いて頂けずのことであった》ので、指定感染症の適応とできるわけですが、自民党日本維新の会は、何を持って緊急事態条項さえあれば。とするのかが分かりません。

立憲民主党石垣 のりこさんの日本維新の会についてのtweetとしての、提案型の政党であるということもちょっと分かりません。安倍政権の現状から、とにかく憲法を変えてしまえ。ということに聞こえますし、それがあるだけのように思えます。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】 この投稿は、2022年は2月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本時間は26日でしょうか、 国際銀行間通信 から ロシア の一部の 銀行 の排除とのことであり、 アメリカ イギリス フランス ドイツ イタリア カナダ EU 他の国に致しませど、色々な関係もありますので全てが同じにはできずと、それぞれができまし部分で色々なことを行なっていましたり。 *日本時間は27日のニュースでは、 日本 もこれに加わりましとのことが報じられています。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【情報の通る道】

【情報の通る道】 この投稿は、2022年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 昨年末に別の意味で言われましたのことで、それにつきましてのことは記していますが、どちらか若しくは別の幾つかが嘘を伝えた。が正解か、そこ若しくはその上ですね。これにつきましてはもう少し詳しくに別記を致します。 ネットワーク の部分は、以前のものですが、ある程度に記そうと思ってはいましたし、良い話で記せれば良いのに。 丁度 Wi-Fi のことにつきましての ツイート をされましてのかたがいますも、遡ってのこと。 これも地元の話と関係があり、通信をしましと言いましことはそこに情報の塊の道があり、それを通じましてのアクセスでありませば、あちらのものも残りと言いまし意味で記してもいましたり。 それがクルッとなってもいましたり。 そのことなどの 関連 やら、それ以前のことへの繋がりは、記していますので覚えていましたり。 百田 尚樹 さんが言われましたのあるかたにつきまして、自分はそのかたの正体は分かっていましとのことは、 メッセンジャー を観ましてのことでありませば、地域までしか分からず、調べることを致しませばもっと分かりと言いましだけの話であり、それではなしに、それ以前にそのかたから別の意味で議員さんにそのようにされていましとあり。 百田 尚樹 さんの話はこれであるかもしれずです。 議員さんに取られましたと言いまし話しとは別であり、まずはそれがあり、ネタと言いまし冗談も含まれましてでか、以前から信のおけませんな部分も多く、 安倍 晋三 さんの名前の入れ替えをされましかたのものあり、おもしろいので観ていましたが... Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase