スキップしてメイン コンテンツに移動

【作曲家の筒美 京平さんが亡くなられたとのことです】

【作曲家の筒美 京平さんが亡くなられたとのことです】

この投稿は、2020年は10月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

幾つかの番組で日本昭和という時代を彩った歌い手さんのことが放送をされていて、これにはどうやら作曲家である筒美 京平さんといわれるかたが亡くなられたとのことからのようですも、丁度別ごとで昭和という時代を彩った美空 ひばりさんにつきましてを記していましたことからと、人が狙ってできることではないことからに奇妙な偶然であり、他の幾つかのこととのでもあります。

また、このかたも《K》です。

このことは【陰の2】との関連でもあります。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】

【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】
当ブログにある吐く息白い一月半ばという投稿についてですが、そこでは、景気動向についてのことと絡めて記していますも、実のところは南から北への低気圧の通り抜けがあったそうです。
実のところ、これもメッセンジャーに記した別ごととのそのものズバリがありますが、本来のところ、何年か前に起こった、ある地区の別ごとであるものですし、丁度説明の必要性が出たことから、それについては別記を致します。
さては低気圧ですが、964hPaまで発達をする可能性があるそうです。
東京駅だかの構内では雨漏りがしていて、何時間かでが出るほどには天気が回復をしていたそうですが、水浸しのところもあり、北のほうに行くに連れて、成長をした低気圧の為からか、地面すれすれの風が正に台風かというほどに猛威を振るい、雪が降ってもいたとのことです。
何かおかしい。などと元を宛てたのは、ブログに投稿をする何日か前のことで、その後の、つまるところブログに投稿をする前の、菅官房長官によるところのフリップを使っての景気動向についてのことがらの説明が関係をしているわけではなく、そろそろ、そのようなことを宣うかたも出るか?といった体ではあるわけですが、丁度、1月の半ばにはもう景気は、いやさ昨年にはもう、などと、既に景気の動向とも統計不正とも関係がない投稿合戦のようになっていたかたもいたこともありましたので、記した後は自身でもそちらのことに注目をしていました。
また、最近では、大阪付近での豚コレラ岐阜県での地震やまたの豚コレラに、東京近郊での様々な事件などがありましたし、一応なりと何やらと思うところはあってのことで、ついぞエチオピア航空旅客機墜落をしての150人ほどのかたが亡くなった事故があり、これにも、様々な国籍のかたが乗っていたようですので、最近にお隣の国であるケニアからのアクセスをされてのかたのことが、そのような縁として、心配にもなります。
まぁ、こういうことは、アクセス云々ではなくて、心配になりますけれどね。
天気予報の前と言っても、最近はまた調子もそれほどにはよろしくはなく、これでは分からないんですが、少しでもことなきを得た、つまり何ともなかったかたがいればいいですけれどね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【産経新聞のネット版が報じた枝野 幸男さん】

【産経新聞のネット版が報じた枝野 幸男さん】
この投稿は、2020年は2月の2日にメッセンジャー に記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
にゃん吉さんにつきましてですも、ブログに記すは済みとしたんですが、この猫?も、テレビや色々な政党についての読み物の投稿をしていることからと、産経新聞インターネット版からの面白い読み物も出ましたので、話題が変わる瞬間の例えのひとつとしてですが、もうの少しですも、ブログに記してみます。
但し、特に政治周りの読み物は、漢字が多くとなりますので、私はしんどいです。
では、産経新聞インターネット版ですが、立憲民主党枝野 幸男さんについての読み物で、面白いといいますか、メッセンジャーに記したこちらごとと丁度のタイミングでの読み物がありましたので、それについてのこちらごとを、この投稿で記してみます。
まずですも、産経新聞インターネット版が報じたこととしてですが、立憲民主党枝野 幸男さんが、棚橋 泰文衆院予算委員長について、自民党寄りの議会運営であるので公正にして頂きたいことからか、《安倍 晋三首相の犬》、つまりは、安倍 晋三首相に媚び諂う人であるとしていたとのことで、これに対してではないですも、別のメディアの読み物では、冗談が入っているのか、同衆院予算委員長は、涙ながらに《というな》としたとか、幾分と真面な読み物になりますと、憤慨をしただかともありました。
また、産経新聞インターネット版によりますと、これに対しての枝野 幸男さんですが、更に、《ではカエルなら良いのか?》としたということで、これは、民主党政権時代に散々に言われたことに対しての意趣返しではなかろうか?などと報じられていました。
意趣返し?まるでいじめっ子のようですが…
このことで、何年か前にも同じような読み物があったことを思い出しました。
何だか枝野 幸男さんが悪いかたになってもいますが、面白いことに、国民民主党立憲民主党が出てくるんです。それから、にゃん吉さんを介して共産党が出てくるんです。
つまりは、最近のメッセンジャーのことで、記せる部分をきちんと記せば、そのようになってもいて、このことからも、ものすごく頭の良いかたの存在がある。としているんです。
良い悪いの別やらひとりふたりのことではないですね。
それで、私は、にゃん吉さんへの読み物を済みとした次第で…

【にゃん吉さんというかたのTwitterから観ること】

【にゃん吉さんというかたのツイッターから観ること】
この投稿は、2020年は1月の18日から最近までメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
最近にメッセンジャーに記したことですが、この投稿では、一連であろうと思われる流れを、最後から記してみます。
では本文のご一読を下さい。
最近ですも、また怪しいことと文言からの状況が重なることが多くとなっていますが、どうも重なりすぎると言いますか、このような日本の独特の感じは恐ろしい部分もあるでしょう。
まずですも、偶然であるのかどうかは分かりませんに、誰ぞの家族で随分と前に行方知れずとなったかたのことが関連付きましたが、また何かあると恐ろしいですし、本人もいい大人ですので、それにつきましては何も記しません。
届けも何も出してはいないはずですので、好きにすれば良いはずで、そのようにしているはずです。
ただ、死に目にあったそのかたの親も、泣きながらに、馬鹿め。とあっただけです。
上は偶然に出たことであるように思いますし、そのように思う理由ですが、偶然でなければ、その状況だけではなくの一部を知っているかたの仕業でもあるからです。
当時に勤めていた会社で、羨むような?明るい話ばかりではない。というような意味で、少しの話はしていましたし、この部分は立憲民主党にも宛てていますので、いずれブログで公開ができるでしょう。
自民党と言いますか、テレビもそのような感じの時はあり、これは、様々な考えかたの人が寄り集まって仕事をしていますので、ある程度はあることであろう。とは思えますし、有り難いことばかりではないのが世の中でしょう。
色々とこんがらせたいかたの存在と、それは何故か?という部分ですが、偶然の重なりでしょうし、それとは別に、立憲民主党メッセンジャーに宛てたご飯の話題を鑑みますに、それが実のところ別ごとである旨判断ができた日本人の存在がちらほらとですも観えてきますね。
島国である日本には、このような陰湿な部分もありますし、そのことを問えば、何のことだとしてしまえば良いわけで、精神的に追い詰めたり、死を選ぶような嫌なことを仕掛けてくるかたも多いんです。
このようなことから思いましたは、この頃にメッセンジャーに書き込んだことにつきまして、例えおかしなことをしている日本人がいたとして、よしんばそれが自身に降り掛かったことであっ…