スキップしてメイン コンテンツに移動

【米山隆一_タイトルは後で考えます】

【米山隆一_タイトルは後で考えます】

この投稿は、2021年は1月の18日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

この投稿は一連の最後から記します。

まずですも、COVID-19にかんしての個人情報の開示につきましてですが、研究者が求めていたり、米山 隆一さんもそうですが、支離滅裂になってきた言い訳からか、研究者が求めているのではなしに、 JBPressというところのコラムニストである高橋さんというかたが求めているとのことであり、それでありますと、大阪が出している(データを渡す人の)判断基準とも合致をしない。とのツイートが同人さんによりありました。
それまでのツイートと、これな言から分かることは、このかたは、大阪は公表をするが選ぶ。若しくは途中までは理路整然としていましたに、何らかの理由で米山 隆一さんを庇って同人さんの言動が破綻をした。ということです。

次ですも、これな投稿はまた長いですが、纏めようと思います。と記しています。

文章的にですも、米山 隆一さんは、公開をされている情報以外に、大阪のかたの個人の情報の公開をしろ。とされていて、これがどうかです。
このようなこともあり、同人さんがツイートをしたCOVID-19感染者につきましての情報開示請求について断った旨のもの若しくはそれとは別が、コラムニストが行なったものとなっているんでしょう。

何年か前に朝日で放送をしていた時分やら、他のことでの例えと致しまして、何度もメッセンジャーに記しているので、それな時分まで遡ってのときにブログに記したかったんですが、例えばですも、病院には病歴があり、その他住所、氏名、年齢、性別などがあり、薬局にもそうで、使用をしているの履歴もあります。
日本での感染症何類がどの情報の公開をするかということはまた別であり、それはそれと致しまして、公表をされるものはされるわけであり、非公開の個人の情報につきましてのことを、一般やら企業の者が手に入れるということは、どういうことでしょうか。という意味合いです。
このことにつきましても、きちんと記されていますし、大阪知事署名が入ったものがありますね。
同じ時期に別のかたのTwitterでもありましたので記しますと、例えと致しましてですが、辿れば分かるにしろ、昔の出にかんしましても、日本戸籍からは削除をされているはずです。個人の特定をしうる情報というものは、公開をしているもの以外では、そのようなことや他にも繋がるわけであり、親しいかたや何らかの事情があるかた以外では、そのような情報は持ちません。
このようなことにまで繋がることは稀でしょうけれど、米山 隆一さんはそれな情報を出せとしているわけであり、でなければ助けることはできませんとされているわけで、カルト宗教やらそのような犯罪と変わりません。

次ですも、米山 隆一さんのツイートでは、日本政府分科会にしろ、大阪のものは含んでおらず、これな為にきちんとしたデータが出せない。というようにあり、これにつきましても、含んでいない。から、含んでいない可能性がある。に変わっていますが、おそらくのところ、また、含んでいないとなるでしょうけれど...この投稿をメッセンジャーに記した後でそのようになりましたが、どうであるのかは分かりません...法律で禁止をされている、そこが持っているような情報が欲しいのであれば、データの使途と、管理面と、行なうこと、それによって公共やら個人が得られることなど、全てを逐一渡す旨大阪と話し合えば良いのではないですか。とは思いますが、それでもダメでしょう。

次ですも、米山 隆一さんのツイートでは、日本政府分科会にしろ、大阪のものは含んでおらず、これな為にきちんとしたデータが出せない。というようにあり、これにつきましても、含んでいない。から、含んでいない可能性がある。に変わっていますが、おそらくのところ、また、含んでいないとなるでしょうけれど...この投稿をメッセンジャーに記した後でそのようになりましたが、どうであるのかは分かりません...法律で禁止をされている、そこが持っているような情報が欲しいのであれば、データの使途と、管理面と、行なうこと、それによって公共やら個人が得られることなど、全てを逐一渡す旨大阪と話し合えば良いのではないですか。とは思いますが、それでもダメでしょう。

次ですも、米山 隆一さんのTwitterですが、丁度フォロワーが何人か増えてのそれなすぐ後で何人か減りましたのことからも、それな前と後で何やらと違うことが頷け、記していますのことやら文の体裁などが違うわけであり、普通、医療やら弁護他のかたはカルテやら調書他は別にしろ、幾つもの文の体裁は持たず、別人であるとしているわけではないですが、同人さんのTwitterには、本人に分かるように何かをしているようなかたのことが多いんです。これが片山 さつき議員の言の違いやら他のときに起こっていたことです。
まぁ今回は偶然でしょうけれどね。

一時のテレビでは数学者文学者の比較と致しまして、文学を下に観ていたインターネットのことを取り上げての、楽しい意味といたしましての同じようなことを行なっていましたけれど、文学者であれど自身のや他のかたのから、ある程度のことはできるようになる。ということであり、体裁の違いにつきましてですも、観ただけでも形態素解析に掛けたものと同じ程度の違いは分かるようになり、これは助詞やら助動詞動詞名詞他、品詞の使いかたやら体言他からの判断と本人やら他人の他のツイートからの判断他もあり、思考の流れのチャートも含めるとよく、感情を読み取れるようにもなる場合があり、米山 隆一さんは流れが分かりやすい面もありますが、Twitterで言われているかたは、勉強をすればできるようになります。人がやっていたことをコンピューターで行なうようになろうと、その逆であろうと同じです。

次ですも、COVID-19に感染をしたかたの情報の開示請求に対しましては、何故公表をしないのか。何の公表をしないのか。につきまして、大阪知事署名で記されていますね。
大体にして上のようなことも考えるわけであり、それな書面には、疫学調査への協力が得られなくなる。とあります。

それと、米山 隆一さんのツイートにある、大阪だけが違う。ということは別の問題です。

問題と致しましては、米山 隆一さんが、日本政府分科会の作成をするものにも、大阪データの提供をしていないのではないか。と指摘をしていることにつきまして、国がデータの提供をとすればできるはずであり、実際にデータを渡しているはずですが、それとは別であり、リツイートをされている同府知事のものを読みますと、これまでのようなものはちょっとアレなので、別の形でのことは考えている。ということであるようにも読めます。

以前にですも、別のことで、フジテレビニュース番組であるバイキングで、COVID-19にかんしての情報を、国が一元管理をしないので、厚生労働省やら国立感染症研究所やらそれぞれの大学やら研究機関やら幾つもの新聞を観なければならなくなる。という、情報の散乱と利便性につきましてのことが言われていましたが、それとこれとはまた違い、これにつきましては、それぞれのところの成果物でもあり、他からの引用でもあるわけです。
*一元管理をしたにしろ、殆んどのかたは観ないはずであり、そのことも言われていましたし、実際にそうであり、別記を致しますも対策を施したところもあります。

次ですも、IIPCにあるものも、日本のものは当初から少なく、幾分なりとましになれど今もそうであり、これは研究者やら学者が育たない理由や、教えるかたが育たない理由が入ることでもあり、独創ということが少ないことも入るとのことです。

次ですも、大阪が行なった、11月のシステムの変更の話があり、それまでは優秀であった旨他のかたもツイートをしていて、これは大阪の人柄で、大阪のほうが良いだろう。という面もあるでしょうし、こちらとは関係がないことであるとは思いますが、私のブログのドメインの更新忘れの時期が、丁度これな頃であり、大阪東京の指標が違うこと、例えばですも感染状況やら土日祝日のことなどにつきましては、2020年の春でありましたか同年は夏前には、これであるので擦り合わせを行なわなければならない旨テレビでも言われていましたし、当時は、大阪のほうがよく出しているともあれど、東京からすると、それは一種の誤解でもあるともありましたので、覚えています。

次ですも、文章の体裁などが少しなりと変わった米山 隆一さんのツイートにかんしましては、それが合っているかどうかは別と致しまして、言わんとされることは分かりますし、こちらに寄せているのかそのままの疑問を記しているのか、同人さんが似せた部分があるとすれば、それとは別のことと致しまして、似ているということですね。
これは分かりますよ。

次ですも、米山 隆一さんが、これな問題でこちらに怒っていた理由があると致しまして、それが思い当たるとすれば、私に対してのことの、冗談での見捨てられたということの理由と、広島市緊急事態宣言に準ずる地区にどうかということがあり、同人さんに致しますと、ざまをみろということであったのかもしれませんが、緊急事態宣言に準ずるところから外れたことは、考えが逆であり、きちんと判断をされてのそれなほうが良いわけであり、これにつきましては別記を致します。
広島のことと致しましての夢の話にしろ、米山 隆一さんが自身のこととされましたし、私が自分に対しての冗談として記したことが、そっくりそのまま同人さんのことになるからであり、これに気が付いたのではなかろうかと思いました。
さてはですも、あるニュースでの言ですが、米山 隆一さんのことではないですも、《後出しジャンケンでずっと負けている》とありましたが、同人さんもそのようにみえる場合がありますね。
また、実際は違うことでありますに、同人さんがこちらごとと同じようにしているわけであり、まぁ、笑いを取ろうとされたのかもしれませんけれど、真面目に記しますと、同人さんにはそのような思考の流れの部分もありますので、余計にそのようになっているんでしょう。

次ですも、冗談と致しまして、米山 隆一さんの支離滅裂さというか破綻っぷりを大阪でも少しばら撒こうかと思いましたが、それはせずと、Plurkでの真面な意見をしていたものから更に、他国でも広がっています。
当人さんたちが右と左としている両方が絡んでおかしなことをしていたりとも、奥さんも絡んでという面もありますが、どちらにもくみせずの私と致しましては、よく分かりませんが、まぁこちらが絡まれているような気にもなりますし、合っている部分は多くとありましたけれどね。同人さんは既に選挙のことはどうでも良くなりましたのか、輪を掛けて酷くになってきてもいますけれど、同人さんからの言ですので、大阪米山 隆一さんにやらせてみれば良いんですけれどね。同人さんは他の専門家さんや他に泣きついて(ではないですが)名前を出して、ダメであればまたその人を切り捨てて。ですので、もっと酷くなる気が致しますが...

次ですも、関西のテレビは維新と連んでいる。とは他のかたのツイートにもありますし、これは関西維新がマッチをしているんでしょうし、当時の東京のほうもそうであるとはあれど、幾つかは程度の問題やら、エンターテインメント含めての周知の問題やらのことではあり、出されていたようなこととも違いますしね。
ひとつは、テレビ側が依頼を出してもいるわけであり、これは合ってもいるようです。

次ですも、嘘でありますのか真でありますのか、京都大学の先生が、同心円という言葉を用いて、COVID-19につきましての自粛などは必要がない旨曰われたとのツイートがありますが、同人さんが言っているのでありますと、何らかの根拠があるんでしょう。
別のことにつきましての、以前の自民党のかたと国民民主党のかたのことでありますと、意味が違いますし、他国のかたは知っているかたもいたり、それが賛成であるのか反対であるのかの別あれど、お読みになられますと分かりますが、もう少し説明を致します。ブログで記している、地域気象のことやら自然のことやら天体他周波数やら素粒子神様神社仏閣だ他多数のことにつきましては、時間と事象についての一部で出しているという意味もあり、COVID-19のことも、その一部として出している面と、特にこのことにつきましては、それとも違う記しかたと致しまして、それぞれに噛み砕いてカテゴリーに分けてもいます。疫学やら遺伝学やら行動学心理学他多く...
私が言っている意味は、おそらくはこのかたが言っている意味とも、米山 隆一さんのTwitterで出ていることとも意味が違います。
日本で分かる前のことですが、メビウスの何とかに例えるかたもいたり...nguyenkieuanhに記していますの広島のことと致しましての、ふたつのどうのということは、大阪システム変更のことではありませんし、広島であると記していますに、米山 隆一さんがそのようにしているわけです。そのものは分かるようには記しているつもりですが、もう少し分かりやすくにする努力はしようと思います。
ただし、日本のかたに言いますが、専門機関が行なっているようなことやら行なっていないことを、分かりやすくにしても、一般のかたに理解ができるまでにすることは難しく、勉強をしなければ無理です。
本当であれば、小さな子が理解ができるようにすることが良いんですけれど、まだまだですね。

次ですも、私は京都大学の件の先生のことを庇っているわけではなしに、当時に出していたので覚えているだけです。
この先生はAIのことにも国に具申をしてどうのという言及がありましたしね。
簡単に記しますと、当時のこの先生も、予測は当たっている部分も多く、ルールを守れば、という言葉が入り、言うことを聞けば。ということも言われていました。
COVID-19のことでの自粛なし派かそうでないかのことは色々と聞いて禅問答にしかならないとするくらいまでには、2020年のいつでありましたかに、テレビを通じてお互いに出していましたしね。
京都大学のこのかたは、《(全部出していて)言うことを聞くことが前提で、過度な自粛は必要はない。》としていて、この前提がそもそも...などというかたがでるとは思いますが、行動学心理学の話も加わり、京都大学の先生もずっと前から言っていたということと、テレビが言う触れ込みもあり、おそらくのところ、同人さんも、テレビを通してか他かは分かりませんが、少しは知っているはずです。

米山 隆一さんのツイートは、このかたの一部分を論い、自分であれば助けられるに、大阪がそうではないのでどうしようもないが、(皮肉や小馬鹿にしたりや他で)それならそれで良い。としているわけであり、では助けてあげれば良いのに。と思います。
上に記しましたのこともありで、もっと酷くなっているでしょうけれどね。
そこまでではないですが、大阪に対してではなしに、私も言いたい部分はあれど、京都大学の先生も同じように言っていますし、米山 隆一さんも同じように言っています。
また、同人さんは少し前までは分科会を叩いていましたに、また違うわけです。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase