スキップしてメイン コンテンツに移動

【衆議院選挙について】

【衆議院選挙について】

この投稿は、2021年は11月の1日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな投稿の雑記をメッセンジャーに纏めましたの後のことですも、今回の衆議院選挙につきましては、一票の格差の是正がされていないことから、違憲、つまりですも憲法違反である旨、全国280以上のことにつきまして、何処でしたかに提訴を行ないましたのところもあるようです。
ただ、議員さんにしろ有権者にしろ、またやるのかよ。とも思われてのかたも多い気も致しますが、これにつきましてはどのように思っているかは分かりません。皆疲れてる。

自分にとっても色々なことが丁度ここからのようにもなっていて、遡るとそれが顕著であり、色々と一区切りですね。

衆議院選挙につきまして、メッセンジャーに記していますの幾つかは、体裁を整えながらに少しずつと投稿を致します。

平井 卓也さんは小選挙区敗退比例での復活。個人的には今一歩ですが、まぁ少しは穿つことができたかなとは思います。
デジタルに強いはずですので、今回の選挙は同人さんにとっては良い情勢だったはずでもあるように思いますが、同人さんは小選挙区で勝てずとも良いという算段でもあったのかもしれず。
少し前までは、小選挙区で勝つほうが比例での復活より良いとは言われてもいましたが、僅差で勝つようにして、顔を立てようとしたら負けちまった。程度に思っておけば良いかなとは思います。
票を持ってのかたもいますので、そのような意味では動きますしね。
まあ有権者がお灸を据えた。くらいには思えるだろ。ということで、そのようにして頂いたというほどに、思惑通りそのように思わせて頂いておこうと思います。

小川 淳也さんは普通に選挙戦を行なえば当選は確実とはしましたが、映画のこともあってや、安倍晋三さんへの質問のこともあったり、それでそのように記したわけではないですも、大体予想が付いた部分ですし。

  • 石原さんが敗退。
  • 桜田さんが敗退も比例での復活でしたか。
  • 甘利さんが...それで幹事長辞任の意向ではあれど首相が判断をするとのこと。
  • 他幾つか。

  • 維新が公示前の数より3倍程度伸び。これはすごいな。やはり勢い。
  • 国民民主も公示前の数より伸び。
  • 立憲は下回るでしたか。但し、一騎打ちになったところでは良い結果もある。ただ、政治的な方向付けの言とこれでやっていくと、議席が増えたとしても多少であったり。とは思います。

  • 小沢 一郎さんは比例復活。この人も色々と言われたりの結果もありかと。大学の問題をかけることは筋が違うように思われますが、憶測で言われていますのこともある、掛かる部分があるかどうかは今回のことでは関係はないと思います。

この辺りは何となしに。記している通りの部分もありですが、まあ大体予想が付く範囲もあったりですね。

立憲民主党日本の共産党、特に立憲民主党は、殆んどがデマからもありでの、要らないという声がネットでは多く、その通りになったという向きもあれば、昨年他のことで、そのことでのことやデマや他、多くのかたの訝しさが取れずのことのままに迎えた今回の選挙戦であるとも思え、それらの放置をしていたことやら、自身のほうもそのようなことでの訝しさが取れずのこともあり、まあこちらからみた場合のみかたとしては、自党他党のことより米山 隆一さんを活かしたという部分もあるかなと。それはそれで良いことでしょうし。個人的な意見はそれであり、認めないは変わりませんが、国会議員さんになられたことは、おめでとう御座います。です。
そのような中でよく勝ったほうだと思うんですが。
まぁ米山隆一というカテゴリーやら他に記していますは一部ですが、ご本人様のおかしなツイートやら他多数によるところが大きいでしょうし、それも選挙戦略と言われれば、なるほどですが、そのように記しましたの次第ですも、その少し後で維新トップダウンにつきましての選挙戦略について同人さんが語られていました。
個人をそこまで落とそうとしているわけじゃないとはしていますし、フォロワーなどを増やす行為やら、昨年途中からの、良い意味のツイートの幾許かはそうな部分もありますけれどね。
国会議員になったらなったで、記している問題他もあり、本人はそれらを小人程度と思われてでしょうけれどね。のように記していましたらば、2日のことですも、批判を罵倒と言われましたり、こいつらは相手にするな。ともあり。まぁ相手をして火の粉が降り掛かることは避けるべきとの判断はそうでしょう。同人さんにはこのようなことも多いですし、意見(罵倒)をいうかたのほうが悪いということは、今回のものがどうかは別と致しましも、別からにして食ってかかる部分でもないでしょうし、ですので、選挙は済んだと記しただけのことです。

米山 隆一さんの言は本心からではなしに、作られた他人のものが多いですし、岸田 文雄さんの言と同じ部分が多くなってきましたので、飛び火はあるかもしれませんが、岸田 文雄さんであれば他と違いそれは少ないかと。

さあ、自分にとっても色々なことが丁度ここからのようにもなっていまして、遡るとそのようになっていますね。

私は書き物であらわれているような悪い人のイメージとは別に、他で有れば、元来が朗らかで普通の者ですので、それで集まって助けて頂いた部分もありませど、テレビや他も上については基本的に違えてはいますが、そのようなときもありますし、次の選挙までに(あれば)もう少し積極的に票を握る。としておきましょう。悪い意味ではなくね。

丁度切れない刃の使いかたという投稿にもアクセスがありましたし、東京のほうでしたか違うかでしたかで、電車の中で火をどうのとか、燃えていましたし、刺傷事件があり、1人重体で16人でしたかが重軽症で、いつでしたかの以前の事件を真似てとあり、死刑になることができるからとあったそうですし、ブログに記しましたの百田 尚樹さんというかたのツイートの電車が止まったことの次の日かその何時間か後でしたかであり、他が勝手に整合性を取る意味のことではないでしょうけれど、その後に刺傷事件で止まりましたし、それにつきましての、ブログ他でしたらば、訝しんだその後に同人さんの言に合わせた体ですので、これは違い、例えば同人さんのTwitterフォロワー若しくは観ているかたか?とか...合わせたのか。という意味です。警察のかたの言の、以前の事件を真似てのことである旨通りか、おそらくは後者でしょうけれど、分解は後日と致しまして、自身のTwitterにも電車の件を記していますが、それではなしに、観念的な意味での切れない刃の使いかたのほう。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase