スキップしてメイン コンテンツに移動

【森友問題と件の問題を扱ったとされるドラマ】

【森友問題と件の問題を扱ったとされるドラマ】

この投稿は、2022年は1月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

まず思いますは、タイトルの問題を題材にされましドラマでありますのか、それとしてのものかがあり、登場人物である新聞記者のモデルになられまし新聞記者原作者とありですので、それにつきましてを思いましかたもいますということでしょう。

加えましては、いっぽうの政治的なものにもなっていましたり。

森友学園問題につきましての週刊文春の読み物よりですも、今、森友学園につきましての問題を扱われまし映画の続編につきまして、本来は野党側でありましたとありましのかたが、そちら側から問題視をされてもいます。

続編にはですも、本来ですと、赤木さんというかたの奥さんの監修(そこまでではないにしろ)が入りまし予定ではあったそうであり、当初はそのように言われてもいましたに、それが全くなく、続編の制作をされまし監督からの、《自死をされたかたを診ていたかたに問題があったのではないですか?》などとの言やらもから、また事実を歪められまし可能性を考えましたの赤木さんの奥さんは、ドラマ制作につきましての協力の拒否をされましとのことが記されています。

赤木さんの奥さんに、間を置き、もうの一度会われましなドラマ監督側の言ですも、《気になるところがあれば変えることができる》《ある段階で脚本を観せて納得ができるようにする》とのことであったそうですも、それにつきましては行なわれましことはなかったと記されています。

これなことからもに、元々上の言のようにするつもりはなかったのか?とも思えますが、それでありませばそのように言われますと良くですが、どうやら、フィクションと言いましことからもにでしょうか、赤木さんの奥さんの言は、ほぼ受け入れられずに制作が行なわれましことであるようです。

これが、事実を基に致しましたのフィクションの範囲でありましか、そうとは言えずでしょうか。とのことがありましように思え、登場人物でありまし新聞記者に致しませど、当初から尽力をされていましなかたと言いましよりは、当初から表に出られていましたかた、話題になられていましたのかたの話になり、売れましように制作がなされていましとのことは、それな作品上ある気は致します。

登場人物でありまし新聞記者のモデルとなられましかたは、会社、この場合にはですと東京新聞社から、一切かかわるな。とされていましなことからにでしょうか、週刊文春側でしょうかが取材を申し込んでも答えず。とのことであり、これな一切かかわるな。につきまして、

  • ドラマ制作こと
  • ドラマ制作のことやらそれらに付随をすること
  • それ以前のもうの何年も前に新聞記者のモデルとなられたかたが麻生 太郎さんにも言われていたようなこと

があり、週刊文春の読み物では、リストの1番目につきましてのことであり、様々なことの加味を致しましても、リストの2番目であり、リストの3番目につきましては、時期的なことを鑑みましてやら、当初から話題になってもいましたのことを観ましてで判断を致しますと、これにつきましては違いましはずであり、よしんばそうであったに致しませど、東京新聞社にはドラマの品が飾られていましとのことです。

このリストのそれぞれで、件のドラマにかかわりましなかたがたが違うわけです。

また、赤木さんの奥さんの了承を得られずにドラマの制作をされましか?との問いに対しましてのドラマ制作監督側の言ですもは、《自分は答える立場にないので、配信をしているところに聞いて頂きたい》旨あり、週刊文春側でしょうかがそのように致しませど、配信側も、《答えることはない》とのことが記されています。

  • 売れ行きの追及をした結果の、かかわるかたの言を置き去りにしたもの

つまりですも、真相を求めましかたと、制作側が曲解をされましてのことで、別の意味で同情をされましようになっていましな部分がありましかそうではないか。があり、

  • 件の新聞記者の人気にもあやかる作りや、同新聞記者にも、スターダム。

はある気は致しますし、それはそれで当然とも思えますし、新聞記者と言いまし職業がらでもに、スクープをとりましことが仕事でもあり、東京新聞社のこととは別に、インターネット的にフォロワーの多少のことやらそれの獲得やら、要するにですも人気もありましは当然と致しましても、問題につきましてのことが置き去りにされていましな気は致しますし、独立をしましなものと致しましてで観ませば良いはずですが、経緯的にこれができ難く、野党側やら応援をされましかたがたから、赤木さんの奥さん側がおかしなことをされていましのようになっていましな部分、週刊文春側がおかしなことをされていましとなってもいましな部分につきましてはありな気は致します。

件の新聞記者が、まず何か事件なりがあり、結果と致しましてのスクープやら人気がありましなことと、それを求められまして(そうではないでしょうけれど)のことがありで、首を傾げましような話になってもいましとは思え、ここに釈然としませんのかたも多くなはずであり、件のかたは新聞記者と言いましよりは既にスターであり、それがいけずとは思いませんも、どうも違ってきていましな部分につきましては思いましところもありです。

  • 日本政府からの圧力に屈したドラマ制作側ということの演出か

これでありませば週刊文春もかかわりでのことでしょうか、そうではありませんかが面白く。

登場人物でありまし新聞記者のモデルとなられましかたは、もう何年も前ですが、煩いと言いまし意味もありでしょうし、潰すという意味もありでしょうけれど、《どこの記者か、上から言われているのか。》のようにも言われていましたが、それは当時のことであり、他方が話題に致しまして、権力側の横暴とまではいかないようにのことにもがありでしたので、今現在、件の問題につきましてがそれかとなりませば、これは違うように思います。
裏側で本当に殺されましようなことがありでありましでしたらば大変ですも、ひとつずつ観ていませんのでそれが真実でしかは分かりません。

但し、これでありませば、エンターテインメントと致されつつも、多くのかたが、あるところに対しまして、お前ら許さん。とされていましなことであり、元から全部を倒そうとされていましは変わらずでもあり。と言いましことにもなります。 真相の究明をと言いまし赤木さんの奥さんと、他党を倒すことに使いたくもありなかたと、じぇじぇこんこんのかた。

だって、お金を頂いていましはドラマの配信会社出演者スタッフやと言いましことですから、本人の、お金ではない。とのことでそのようなことをされていましでありませば、これにつきましてはすげ替えであり、真実をとされましところと、それな真実がすげかわる懸念と、真実を知らせたいとのほうがそうではなくなり、本人はお金ではなくとも、傷口に塩を塗るように、馬鹿にしているのか。と思うかたもいましということです。

これな問題はですも、

  • 件の新聞記者
  • ドラマ制作監督
  • ドラマの配信をしているところ

の問題であり、この中で起こっていましなことであり、それに加えましては、

  • 赤木さんの奥さん

の立ち位置があり、上のリストでも分かりましように、既に乖離があり、

  • 他多数

がありますね。

このようなことにつきまして、芸能やら一般含みまし幾つかのTwitterを観ましたが、問題の本質が分からない若しくはずれてきていましであり、時間が経ちますとこのようになりましことも多く、元々のことは、どんなに声をあげましょうと置き去りにもなりなこともあり、エントロピーの問題でもあり、当初はいっぽうがすり替えましてもいましたのようなことが、本来ですとそうではないほうとなっていましたのほうの政治大衆が、上とも違いまし方向ですが、そのようにもされていましたりなことでしたり。

ドラマはそれと致しまして、問題を忘れない為にやら、感情移入をされましたりやら、出演をされていましなかたのファンですとか、ドラマ自体が面白いで良いと思うんですが、このようなことからも、これが事実かのように多くのかたのそれぞれで脚色が行なわれましてでずれてもきますし、それで良いことと、そうではないこともありな気は致します。

さてはですも、件の新聞記者さんですも、いっぽうからは活動家でありましとも揶揄をされてもいましたが、それの事実のほどは分かりませんも、ご本人様も当時はそのようなこと、別の問題にすげかわっていくようなことにつきましてやらにも、反対と言いましょうか、違いますとされましてもいましたの次第ですも、既に新聞記者ではない気は致します。
どのように言えば良いのか...スター性のある記者かな。
*ブログに投稿を致しまししばらくと前に、悪い意味と致しましての、あるグループとの写真が、いっぽうから出されてもいましたが、事実でしょうかは分かりませんし、売れてきませば距離をおき。と言いまし話は枚挙にいとまがなく。

祭り上げられていましとも違うように観えますし、そのようになってきますと嬉しい部分はあるようにも思えますが、それはそれであり、塩梅の問題が入りますので難しく。

私程度が新聞記者とはかくあるべきである。などとそのかたに物申していましなわけではなく、どうかそのままに道を進んで頂きたいと思いまし程度です。

ここまで記しまして、赤石 晋一郎さんというジャーナリストのかたのツイートが目に入りましたが、それは以下です。

真実と言いましわけではないですも、外堀やら他、少しずつは出てきましでしょう。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】 この投稿は、2022年は2月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本時間は26日でしょうか、 国際銀行間通信 から ロシア の一部の 銀行 の排除とのことであり、 アメリカ イギリス フランス ドイツ イタリア カナダ EU 他の国に致しませど、色々な関係もありますので全てが同じにはできずと、それぞれができまし部分で色々なことを行なっていましたり。 *日本時間は27日のニュースでは、 日本 もこれに加わりましとのことが報じられています。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】 この投稿は、2022年は2月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本 の ニュース の報ですも、 プーチン さん個人にも制裁が課せられましては、 EU やら アメリカ やらが 資産の凍結 とのことです。 それ以前に何名かのかたやらがそうであり、その後に追加で言われていましなかたもいます。 *日本時間は27日に、 日本 もこれを行ないまし旨報じられています。 今、 日本 の ニュース では、 ロシア 側につきまして、悪いのは プーチン さんひとりでありましょうの旨、そのような放送にもなってきてもいますが、確かにそのような部分もありますでしょうけれど、軍にも多少なりと物言いまし権限はあるはずであり。 また、 プーチン さんの 支持率 が80%ほどから70%を切っていますとか、これで 支持率の下落 との報もありますが、 インターネット では10%を切っていましとのことが言われていましなそうであり、本当に 支持率 がこれだけ下がっていましならば、 ロシア 側でも反戦のデモが更に深刻化をしていく可能性もありますし、 日本 の放送の一部ですが、例えばですも、 最近は強靭なパフォーマンスがない パーキンソン病の可能性 正確が変容をした ドイツの前首相であるメルケルさんもそのように言っていたなど ロシア軍の偉い人もプーチンさんにおかしいという書簡をあてたとか ロシア軍もかなりの数がプーチンさんに不信感とか 日本 での眉唾含む意味で、 ドイツ のあるかたが言われていましなことと似てきていましたり。 中国のふたつの言 ロシア の 大統領 個人だけに責任を負わせましての 侵攻責任の回避の伏線かもしれず とは思えますが、 ロシア の一般のかたはそれすらできず、反戦ののデモで捕まりましたり、これがありますので イギリス は 亡命政府 の受け入れもでしょうし。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase