スキップしてメイン コンテンツに移動

【ブログへのおかしなアクセスについて】

【ブログへのおかしなアクセスについて】

この投稿は、2022年は1月の5日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

中村 汀女の唄への返しにもなっていましの、【中村 汀女】ですも、雑記から纏めまし後に、ブログとしまして読めましように、htmlへの体裁を整えまして、bloggerに置き、リンクなどの確認の為にブログを観てみますと、《サーバーのアドレスが見付かりません。》とのメッセージが出まして、開くことができず。

bloggerはGoogleのサービスですので、サーバーはGoogleのものですし、ドメインレジストラーと言いまし、ブログのドメインと、このアドレスはこの名前ですよ。などとアドレスとドメインの対応表、DNSと言います。を持つところは、確かめましたらばきちんと動作をしていました。

上のことで、全部がそのようになっていましか?と思いましたので、他のかたのサイトにアクセスを致しましたらば、それはできますし、では自身のブログだけのこと若しくは幾つかのブログなどが《サーバーのアドレスが見付かりません。》とのことになっていますのか?となりますので、

  • しばらくとブログに投稿ができないかもしれません。

とはメッセンジャーに記しましたが、

  • ブログに投稿をしても確認をする術がない旨のほうが正しいですね。

ともメッセンジャーに記しました。
投稿ができませんのことと、投稿はできませども確認ができずの両者は全くに違いますね。

ブログの投稿につきましては、違反はしていませんし、それでの削除と言いましことやらでありませばそれな旨メッセージが届きますが、それもなく、第三者が看過ができませんほどの違反を見付けまし場合にはそれな旨報告ができましようにはしておくべきとのルールからもそのようにもしていますが、個人がそのようにされましこともないようですし、これがありませどもメッセージが届きますし、そうではなくとも削除をされましことは観ることはできます。
また、GoogleでしたかTwitterでしたかにも記されていましの、各国の政府やら公権力からの同権力が届く範囲の削除要請につきましては多いそうですも、あからさまなものには従いますでしょうけれど、そうではないこともあり、これは個人からの依頼でも同じで、おかしな依頼を出されますと逆に怒られましは当然であり、それもないはずです。

ですので、上はなく、誰かが私のブログの削除をされましわけではないということです。

上のようなことからもに、一応なりとブログに投稿はしていますが、bloggerの編集画面を観ますと、読み物へのアクセスが伸びていましなことからがあり、とのことはつまりですも、幾つかのDNSサーバーにブログのアドレスとドメインの対応表のようなものがあるわけですので、それなうちのひとつもしくは幾つかがダメなのかな。とはなります。
*調べたらきちんとなっているんですけれどね。ずっと同じところを開いていますとアクセスができなくになりまし場合はありますが、それではないようです。

もうのひとつと致しましてですも、rssフィードには新たに投稿を致しましたの読み物も表示がされていましということは、それな周りの不具合ではないと言いましことであり、つまりですも、これな場合にもアドレスとurlのことで、アドレス周りの不具合ではないということが分かります。

ということはですも、Googleでもドメインレジストラーでもないということも成り立ち、おそらくのところ、その二つ若しくはどちらかを塞いでしまいますと、発覚をしましたの場合に困りますまたは技能的にできませんのことからに、こちらであり。とのことも考えることができ、おそらくのところそうでしょう。
このようなことから、多くの訝しいことにつきましてのこちらやら社会的やらな操作につきましても、どこが行ないましかは別と致しましてですが、やはりと思えます。

以上のようなことから、何日かと経ちおかしければ別の意味も考えましことと致しましては、ブログが削除となりましたの場合に備えまして、ファイルの退避場所と言いましょうか、別のところにつきましても考えましべきかと思いましたも、これな場合はですと、せっかくにありましアクセスがなくなりましことが痛いですね。

このような雑記をメッセンジャーに記しましたの後に、警察からの検査の話の雑記をメッセンジャーに記し、その後に【警察からの検査】を纏めまして同メッセンジャーに記しましたの後で、ブログにも普通にアクセスができましようになっていました。
と言いましことやら他もありで、操作をされましは警察のほうかとも致しましたの次第であり、表で言うこととは違いテレビ側が警察に言っていましな可能性もありかと思いましたが、該当のところか違うかの別ありませど、おそらくはそのように思わせる意味もありでしょう。

実際のところどうかは別と致しまして、状況は上です。

警察側のことで記しましたは、以前に薬局シャッターを閉められましたの話と、泥棒に間違えられましたのかも?と言いまし冗談をメッセンジャーに記しましたも、少し後で警察のかたによりましのあるところ、【警察からの検査】の場所でのシャッターの話になっていましたし、以前から薬局にいましのかたはそうではないですも、最近に薬局に勤めはじめられましたのかたはうちと言いましか持つかたしかを知らずであり、自分たちのところであると思っていましたりでもありましたり、近場のかたも、以前はそうでありも現在は違うところが行なっていますと当てずっぽうで言いましからであり、別の家庭の内情を知らずは当然のことですし、このようなこともかかわりでしょうけれどね。
*まあ実際には、岩城に2016年の末当時にいましたのかたと、ブログに記しましたが、何年か後に、遊びで薬局のかたが同じ服でありましたの話やら、それな時分の同人さんの言とのことがあり、にゃん吉というかたとの関係は両者違いますし、関連はありませんが、薬局のかたによりましの岩城に次にいましの子と同じ服の話など、私がそれな時分にもその子と話したことやらでも本当は知ってはいましてのことで、からかってか他でか遊んでいるだけのことでしょうけれどね。ブログやメッセンジャーに記しましまでは私のことをにゃん吉というかたと思いましもありでしょうし、そのことからにおかしく。単にSNSやら他の話だけで、実際のところの話を知らないは当然ですが。

また、【かかわりがない別々の皆が同じ話】でもアクセスの例えとして、桜ういろうさんのTwitterでの愛知県の知事のリコールのことと他のこととの似た部分を出しましたが、他にもいることはそうで、普通一般やら他のおかしな意味ではないことまで出す必要はないですし、後は桜ういろうさんが警察関係やら政治関係かどうかですが、警察への相談につきましてと被害届けのことで、ある地域の市議桜ういろうさんの両方のツイートがおかしいですので、これはないがほぼ確定ですね。
他、市議との直通の電話の話は、インターネットにありまし番号やら、その部署と言いまし意味ではないですので、桜ういろうさんが政治家さんとの知り合い若しくは記者かですが、後者はなく、官房などとの電話は方法はブログに記したような感じですし、その後直通を教えて頂けたりはありますが、桜ういろうさんがどのようにしていたかがおかしいので、それな部分はあやふやでもありです。
加えましては、同人さん周りによりましでの、(端末の)連絡先からの政治家さんやらの電話番号を突き止めましてで直接に文句を言いましことなどにしろそうですし、同人さんのことではないですも、このようなことからもに、他国のエンターテイメント系のところやら他多数幾つかにつきましては、幾らかは残し、それ以外は他にうつし、持っていましのものに連絡先には入れていませんと言いましょうかとも記しましたの次第ですが、あるものにつきまして、別が持っていましのはずですので、余計に別が出てきましたの話もそうでしょう。

まぁ実際のところはですも、現在では一般のかたでありましても政治家さんの電話番号を知ってのかたは多いはずですが、以前はそのような付き合いのあるかたや、支援他、そのような企業などやらのことが多くでした。

このように記していましたので、本当に知ってのことにされまし部分もありでしょうけれどね。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase