スキップしてメイン コンテンツに移動

【侍女さんの別の側面】

【侍女さんの別の側面】

この投稿は、2022年は1月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

別の側面と言いましか、記していますのように、これですね。

当初は小さくとも良いですので、東京オリンピックのこととは離れまして、色々なかたと何か、楽しいことと言いましょうかができれば良いかな。と言いましょうか、そのようにも記していましたが、予定がありでのことではありませんでしたので、これまでと変わらない気も致します。などとしていましたね。
小説形式と致しませばそうであり、このような話でもなく、それはそれでの放送もありでしたが、当時は楽しい話ではなく、そのことに忙しくでした。
*殆んどのかたは知らずですも、侍女さんは世界的に凄いことになりましたね。有り難う御座いました。

本文ですも、侍女さんデータからの推論と言いまし意味に取りませば、covid-19以前の全く関係がないことからにその時のことを起こしていましとなり、データマイニングなどにも掛かりましな部分もあり、当時のそのままですとは致しました。

フジテレビが放送を致しましたの当時の自宅待機やらと病院が空いておらずとありでの引導を渡さなければならずの医師やらの話やら、オリンピックの時分の話やらの東京周りやら、それ以前から言われていましたにしろの中々ならずの酸素ステーションやら他そのようになりましたり、それな時分の様々、他のニュースの放送でもありでしたの他で記しましたのことなど。

これも他で記していますが、そのままですも、そのままではないと言いましょうか、covid-19以前に記しましたの内容のそのままを小説形式にいたしましたらばcovid-19下当時であり、元のものを読みますと当たり前ですが当時ではないということです。
*それな理由の幾つかは説明を致しました。

CBCテレビゴゴスマ -GO GO!Smile!-と言うニュース番組でも、似たようなことで何かそのような言がありました。

現在はですも、東京オリンピックに待ったを言われていましたのほうがそうではないと言いましょうか、米山 隆一さん系にも、当初とは違いの良かった旨ツイートもあり、当時の麻生 太郎さんの、単に呪われていましとの言に注目が集まりでしたけれど、本来でありませばデータからの、今回はやめておくほうがとの言もありましたし、立憲民主党も止めていましたのほうですも、最近はそうではないとなりましな国会議員さん...米山 隆一さんですがもいましたり、同人さんがすぐにそれな言を翻されましたりであり、別で色々とありましな部分でしょう。

外側が大変になりましと言うことやら、ブログにも記しましたの、どちらが大切かと言いましことですね。
これが、中側のことでしたらばやら他オリンピックの組織委員会(恨んでいましなわけではないです)などに取りましては、東京オリンピックは大成功となりますは事実でしょうけれどね。

現在は別ごとで、東京オリンピックにつきましての記録映像のことで、NHKやら河瀨 直美さんと言うかたなどが問題視をされています

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase