スキップしてメイン コンテンツに移動

【俳優である佐野 史郎さんが多発性骨髄腫とのことでした】

【俳優である佐野 史郎さんが多発性骨髄腫とのことでした】

この投稿は、2021年は12月の10日と、2022年は1月の2日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな投稿をブログに記しまし前に、佐野 史郎さんは既に退院をされていましようです。

次は佐野 史郎さんにつきましての雑記を纏めようとしていましたの時分のことですも、丁度、吉本興業コメディアンであるさんまさんと木村 拓哉さんの番組の中での歌の披露で、《眠れないのはあなたでは?泣きたいのは私》とあり、以前に仕事のしすぎとその後の勉強とで、夜中の3時ほどに目が覚めると言いましか、眠れないと言われていましたのかたがいましたので、身体をほぐしてどうのということを言っていましたを思い出しました。
*それな後にも別のかたがそのように投稿をされていました。目の下にクマを作ってね。

他の投稿でも記していますので改めましては記しませんが、眠れなかったのは自分もですね。
いつの間にやら、それはなくなりましたし、元々、調子の良い時は寝ずで良かったですし。

と言いましことですも、2021年末に俳優である佐野 史郎さんが多発性骨髄腫という病気で入院とのことが報じられました。

眠れない話の部分。当時に、冗談でお化けの話とこれも冗談で金縛りの話されていましたり、そのようなこともあろうかとは思いますも、睡眠時のレム、ノンレムがかかわり、夢を観て筋が弛緩をしていましの時分に目が覚めますと、弛緩のことで動かずのこともあり、それな為に余計に怖いことを考えましたり、マッサージの話としてリンパ節と言いましことと、リンパ腫を間違えていたでしたかで、そのような意味で大変な病気ではという意味に取られていましたのかたと、上に記しましことは程度が違い、それと、他の地域のことのほうとのずらしがあると面倒とは思いましたも、これはそれな関連をブログにも記していますし、上のこととは違いましのことに致しませど本人は知っていますし、だって診断につきましては会社に提出をしていますし、電話で連絡もしていますが、これが何故か他になる部分...知らない日本のかたがFacebookだけみて違う人のことにしたり、知っていましなかたが故意にすり替えができまし部分の可能性もありかな。と思ってもいましたり。
*違うかたのことを病気で(実際には違う)直ってしまったという投稿を観てね。当時に恋の病の話をされていました。

私も、本人他が分かりやすいように言っていましなことと、日本人に伝えるときの記しかたでも違いますし、日本人がやっていましの聞かずに言わせる方法もありな気が致しますも、2015年やら2016年の話と、最近の投稿のことは、本来は違い、だって東京ではなしに岩城に来ていたわけですから。

佐野 史郎さんのことのほうが、事実かどうかは分かりませんけれどは、私のほうから致しますと当然ですが、同じことの繰り返しと、当時から観て何年かで記しましたの部分もありなことで、あまり詳細にやる意味がなく、疲れるだけな気も致しますし、事実でありませばそのような流れという意味です。
ただ、その後のことで、このようなことのシステム化がよりできていましなことが分かり、それな確認になりました。

他のことの加味を致しましての幾つかと言いましょうか、これだけ出ていませば、且つ操作の跡が考えられましものはそれも念頭に置いておけば良いというだけのことであり、それ以外のことで当時と同じ部分。と言いましことです。

何年か前にも当時のことを記していましたの時分にですも、テレビでマッサージにつきましての放送をされていましたので覚えています。

こちらが嘘でありませどの本当でありませどの記していましということは変わらずです。という話ですね。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】 この投稿は、2022年は2月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本時間は26日でしょうか、 国際銀行間通信 から ロシア の一部の 銀行 の排除とのことであり、 アメリカ イギリス フランス ドイツ イタリア カナダ EU 他の国に致しませど、色々な関係もありますので全てが同じにはできずと、それぞれができまし部分で色々なことを行なっていましたり。 *日本時間は27日のニュースでは、 日本 もこれに加わりましとのことが報じられています。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】 この投稿は、2022年は2月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本 の ニュース の報ですも、 プーチン さん個人にも制裁が課せられましては、 EU やら アメリカ やらが 資産の凍結 とのことです。 それ以前に何名かのかたやらがそうであり、その後に追加で言われていましなかたもいます。 *日本時間は27日に、 日本 もこれを行ないまし旨報じられています。 今、 日本 の ニュース では、 ロシア 側につきまして、悪いのは プーチン さんひとりでありましょうの旨、そのような放送にもなってきてもいますが、確かにそのような部分もありますでしょうけれど、軍にも多少なりと物言いまし権限はあるはずであり。 また、 プーチン さんの 支持率 が80%ほどから70%を切っていますとか、これで 支持率の下落 との報もありますが、 インターネット では10%を切っていましとのことが言われていましなそうであり、本当に 支持率 がこれだけ下がっていましならば、 ロシア 側でも反戦のデモが更に深刻化をしていく可能性もありますし、 日本 の放送の一部ですが、例えばですも、 最近は強靭なパフォーマンスがない パーキンソン病の可能性 正確が変容をした ドイツの前首相であるメルケルさんもそのように言っていたなど ロシア軍の偉い人もプーチンさんにおかしいという書簡をあてたとか ロシア軍もかなりの数がプーチンさんに不信感とか 日本 での眉唾含む意味で、 ドイツ のあるかたが言われていましなことと似てきていましたり。 中国のふたつの言 ロシア の 大統領 個人だけに責任を負わせましての 侵攻責任の回避の伏線かもしれず とは思えますが、 ロシア の一般のかたはそれすらできず、反戦ののデモで捕まりましたり、これがありますので イギリス は 亡命政府 の受け入れもでしょうし。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase