スキップしてメイン コンテンツに移動

【日本でのオミクロン周りの最近の一部】

【日本でのオミクロン周りの最近の一部】

この投稿は、2022年は1月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

蔓延防止措置の話は入れていません。
広島のほうは上が拡大をされましたのようです。

何日か前までのことですも、Twitterやらニュースでは、東京都大阪は当初は蔓延防止措置やらそれに類するものは出さないとされていましたも、放送の1日2日後に、これくらいになりませばこう。もっと増えませばこう。とありでした。
*それ以前の、社会は止めないと言いましことから一転したようにもみえますが、14日になり元に戻り。それはそれで良く、東京大阪は、元々蔓延防止措置は意味がないともされていましたし、しばらくと前には現官房長官もそれな旨言われましたらばそのようにするともあり。

ここから下はそれ以前のことと言いましてもすんでの違いの部分です。

悪い意味と致しましては、言葉を沢山と作ることで、混乱をされましかたが多くになりなことの懸念はあり、昨年でしたか一昨年でしたかもそのようなことがあり、時には政治家さんの言と致しまして、そのようなことはないとはありましたが、実際には多くが混乱をされてもいましたり。

検査の話はやはり頭打ちになりそうで、それ以上の数値は、分かりませんがいます。となり、これは昨年でしたか一昨年でしたかにもブログに記しましたが、やはりそれであり、検査数が少なすぎの当初やら増やしますとして増やせずでありましたの部分を言いましことはそれですも、それ以上の部分につきましてがありましたね。
当初、大体の専門家さんは、これくらいの感染者になりませばこれくらいには検査数を増やすべき。などともされていましたし、米山 隆一さんのTwitterで他方を陥れまし意味ででしょうか、ずっと言われていましたのように、大体の専門家さんは、検査につきましてを、ダメ、絶対。などとはしておらずです。
ここに、程度のずらしがあり、同人さんに致しませどの、そのような意味ではないと、自分は最初からそうでありと、当初ともしれっと変えまし部分があります。
*これな部分は昨年やら一昨年にもブログに記していますが、色々とありまし部分でしょう。

今ですので、この頭うちにつきましては、無駄でありとのことが、他方にもきちんと分かりましな部分でしょう。
このように記しまし途端に、検査につきましては、Twitterではやはり以前のゼロかヒャクかのそのような話であり、良いか悪いかではなしに、きちんとした部分を観ていないんです。

まあ多くで言われていましのように、感染症の分類を引き下げませばこれな問題はなくなるでしょうけれど、都会のほうはそれで良くても(おそらくは都会のほうがダメなんです)地方は社会活動が止まりましと言いましょうか、そのような施設で幾つか出ればうわ。
*幾つかにつきましては、きちんと調べていますので、そのうちに投稿を致します。

地方は放っておくべきとの声もテレビでもありましたの時期もありますけれど、それはそれと致しまして。
検査は絶対にダメとしていましたのは政治でも他でもなしに、特にTwitter周りの一部なんですが、それな声が大きくでしたね。

また、待機の日数を、14日から5日ほどにするべし。とはお医者さんの言であり、専門家さんの声ですね。
それで待機時間を速めに解き、その後に社会に出られましての後も頻繁に検査を行ないましことで乗り切りましなことができるのではないか。とのことです。
*後に別のニュースでは、待機日数の減は14日を10日にの話をしていましともなっていますが、これが日数のずらしであり、例えばですも、元々そのような話でありでの専門的知見やら意見と致しましての5日でしょうか10日でしょうか、日数を単にずらしましたのだけでしょうかで違いがありで、いっときの自民党公明党が、野党との違いをだしまし為に、さしたる違いではんしに理由を捻り出したかのように間を取っていましたの部分。国民民主党も後にそのようなことが幾つかとあり。

上は数が多すぎますので機能をしません。
検査をと致しましても待機期間が過ぎまし後ではされませんのかたもいましなはずです。
医療の負担を軽くするという意味合いでは可であろうと思いますので、理由を明確にしたいですね。

どうやら、アメリカのほうでも待機期間の短縮に踏み切り、社会活動を回しましことを観ましての日本のこともありな気が致しますが、但し、同国では感染者が爆発をして、飛行機なども減便になりや(そうでなくともこれな状況ではそのようにするでしょうけれど)、電車などもそうとのことが日本でも報じられていますし、他も。

社会活動を回す為の待機期間の短縮ではなしに、待機期間の短縮をしなければ社会活動の維持ができないことからのものではないかと思いますが、いっぽうで、真偽のほどは定かではあちませんも、オミクロンにつきましては潜伏期間が短いので。短縮ができましとのことは日本ニュースでの放送もありです。

上の観点からもの待機日数の短縮が言われていましとのことであり、日本政府もこれの検討を致しましとのことですも、どうでしょうかね。
*日本時間は14日の午後になり、現厚生労働相がそれを決めたとのことです。

感染症の分類につきましてはですも、岸田 文雄首相は、まだ変異をする可能性と言いましか、そのようなこともありでしょうから、今すぐに変えましと言いましよりは、落ち着いてからそれもとのことです。
分類を変えるなら落ち着いてから。ということを含ませてもいたという意味のNEWS23での話。
また、変異の話で、分類にしろ、素早くチェンジというか、きつくできたりそうでなかったりというものについて...これができましならばこのような方法が良いとは多くのかたは思いましな気は致します。
*但し、周知の面でうまくいきませんので、多くのかたは今どうかとのことが分かりませんので、これにつきましてがネックのはずです。国は普通は大枠を決めておくものだからです。

ワクチンは効き目と言いましょうか、ある程度の効果は見込めませども、感染をしないと言いましことではないとは二木さんでしたかが、以前から言われていましなことですと朝日討論番組で言われていましたし、私もその少し前にもまたメッセンジャーに記しましたがそれ以前から記していますし、その前から専門では言われていますので、覚えています。
*テレビはワクチンを打っているのに効き目がどうのとはその時期にも最近にも報じていましたが、ワクチンといいましものがどのようなものでありましかは分かっていましなはずですので、これにつきましてはTwitterでの投稿を多くに致しましな意味もありでの方向付けもありでしょう。
政治ワクチンのことを前面に出されましたも他にも意図ありでしょうしね。

ともかくですも、ですので回数が必要になりまし場合と、そのようにされていましな国もありでしょうし、これはこれです。

特化をされましもっと効き目の良いワクチンがありませば良いわけですが、それには時間も掛かりなことです。
日本でのことですも、昔のかたはよく覚えていましとは思いますが、インフルエンザワクチンにしろ、型が外れませば掛かりまし場合はあり、どの型が流行りましかにつきましてのことは行なわれていまして、それが当たりませば(おおかた当たりますはきちんと観ているからです)掛かり難いわけです。

さてはですも、やはりこれまでの自民党と表情が違います。
これは冗談ですも、岸田 文雄さんですも、普段は丁寧な話されかたですも、たまに、《わ(小さいだ)しはねぇ。》などとばんから下駄を履かれまし昔の不良のイメージがでます。

ワクチンは記していましな時期になります。岸田 文雄さんもその見通しとのことです。
これにつきましても1月にはもう打っていなければとのことがありとニュースでも言われていましたし、《これだけテレビで言えど(観ているはずの)日本政府が聞かない。》とはありましたも、それはそうでしょうけれど、それでありませばその少し後の保険が要りまし話も、どのみちそうです。

現在の、弱い毒性と言いましわけではないですも、社会的にや薬でやらで感染を抑えましことに奔走をされていましたらば静かに速く広がりましなものが出てきましたが、これな今の時期ですので、また、データはありますので、何年か前からのことにつきましてや、今後につきましてやも色々と分かりましな部分。
弱いと致しましたが、強さの方向が違うだけですので、社会活動を行ないつつも掛からないが一番でありましなことは変わりません。とは思います。

私はアホかもしれませんが出鱈目ではないですよ。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】

【黒瀬 深_おかしなことをしている日本人】 この投稿は、2021年は6月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 米山 隆一 さんが 黒瀬 深さんというかたのTwitter の 発信者情報の開示 をされたことにつきましてですも、そのようにされましたは昨年は2020年のことですが、何故か今年は2021年は同時期になっていますのことにつきまして、おそらくのところ、単に、年数やら字を間違えただけのことでしょうけれど、若しくは事実か否かは分かりませんも、 フランス が手を貸しているとありますの、 中国 の 原子力発電 の 放射能漏れ のことが報じられていますのことと致しまして、 中国 が否定をされていますのこと。 別の国の原子力発電の事故を、起こるか否かを確かめましたの可能性 。 但し、 中国 とありますのことが起こりましたの後ですので、このことではありません。 昨年の話ですに、 米山 隆一 さんは今、 発信者情報の開示 をしましたとしています。 黒瀬 深 さんというかたも、消したとありますが、 ツイート を観ますに、本来は昨年のことでありますを知ってでありますに、まるで今、 発信者情報の開示 が行なわれたような体であり、他国のかたの ツイート のよう。 リストの二番目は、他国のかたでありませば、別の理由を伝えて書かせている。ということでしょうけれど、おそらくは 日本人 で、そのように観せる為でしょうけれど、これまでの 黒瀬 深 アカウント のかたの記しかたではないですね。 別記を致しますも、 メッセンジャー に記しましたの、パッとみただけでどうと言いますは、このようなレベルの意味ではありませんが、そのようにもされているということでしょうし、これは 匿名アカウントのA、Bの話で、同一人物と違う人物との話 のことで解のひとつになると思います。 米山 隆一 さんは、昨年言ったことを今年のことにしているということであり、知っていますに故意にそのようにしているということであり、知ってか知らずか、 黒瀬 深 アカウントと共謀をしている部分がある可能性があり、ですので、お騒がせ商法か。という話でありますが、記しておきませば、それはできずでしょう。 要するにで

【一般人に対してのこと】

【一般人に対してのこと】 この投稿は、2020年は10月の19日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 *2021年は7月の19日に直しを入れましたが、目次と見出しとTwitterとPest Plurkへのリンク、つまり構造を変えたということであり、意味は変わっていません。 これな投稿の説明を、 Twitter上で行なっています 。 Twitterの使用をされていないかたは Paste Plurk で記しています。 以下は目次です。 黒瀬 深さんというかたとの関連が密になって来た時分について Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと /*----- ☆ 1 黒瀬深さんというかたとの関連が密になって来た時分について -----*/ しかし面白いものであり、これな頃のことですも、まるで計ったかのように 黒瀬 深 さんというかたとの 関連 ができましたね。もっと以前から 米山 隆一 さんのほうからとのことはありましたが、 黒瀬 深 さんというかたとの問題と、似た問題と、こちらごと。こちらごとはその都度に記しますけれど、面白い 関連 です。 米山 隆一 さんは 悪意のある作為 というものも幾つもありますけれど、のようにに記していましたらば、やはり色々なことを知っていますのかたもあられますのか、年が変わり、2021年は7月のはじめになり、同人さんのこと含みまして、そのようなかたによりますの、デマやら揶揄であろうとやら、捏造やら、そのようなおかしなことに一般人が巻き込まれないようにしなければならない。と言いますのようなコメントが、同人さんの Twitter に付いていました。 /*----- ☆ 2 Dr.ナイフさんというかたとのことの済みと過去の技術評論社との関連とこのふたつのこと -----*/ 年が変わり、7月になってから気が付きましたのことですも、 Dr.ナイフ さんといわれるかたですがは、 論座 という 朝日のインターネット上の雑誌 の執筆をやめられていますのようであり、事実かどうかは分かりませんも、一部にはレベルの問題が言われていましたり、契約期間の満了

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】

【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 この投稿は、2020年は11月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は nguyenkieuanh のほうに記しても良いようなものであり、 【地元にバイカーが流れてきました】 という投稿に記しましたのCMでも、それ用の音楽のようにされていましたのことからも、余計にそのように思う次第のことですも、米山隆一というカテゴリーがありますので、そちらに投稿をすることと致しました。 米山 隆一 さんは ホモセクシュアル でもあるのかもしれませんね。 男性が男性を好きということと、 性同一性障害 というものは別であり、黄門グリグリとか、竿(男性の根のこと)がどうとか、そのようなものはブロックをしないということは、やはり...いえ、冗談も好きなんですね。 そう言えばですも、昔のことですが、 HM/HR というジャンルの 歌手 が、 ゲイバー に行き、 レザージャケットを着た男のかた同士が踊っている のを観て、これだ!と思い、以降はトゲトゲの レザージャケット と レザーパンツ といういでたちでステージに立つようになり、それを観た後発のかたが、格好の良さから、意味も知らずに皆真似をしたという、逸話とも迷信ともとれないお話があったことを思いだしました。 ひどい... この頃までを少し観た感じでありますと、 米山 隆一 さんも独裁者的であるわけですが、このような冗談も、ずっとでありますと、それはそれで問題でしょうけれど、下ネタという意味ではなくとも、たまの冗談がなければ、大変なことになりますしね。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase