スキップしてメイン コンテンツに移動

【子ども家庭庁についての幾つかの意見の一部】

【子ども家庭庁についての幾つかの意見の一部】

この投稿は、2022年は2月の6日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

時期的にベビーカーのことが丁度でしたも、その後に幾つか加えましたことやら、少し別を行なっていましたので、この時期の雑記を纏めまし時期とは合っていますが、ブログへの投稿に間があきました。まあ時事ネタとしていましなわけではありませんので、良いかなと思います。

子ども家庭庁と言いましものの話しで、第三者機関を置かず。との意見に異論を唱えましかたへの反論と致しまして、マルクス主義と言いましものを引き合いに出されましてのことで、第三者機関を置きますと、個人主義のかたばかりとなりまし懸念を言われまし党がありますが、恣意的な運用になりまし懸念と言いまし意味では、監視団体を置かないほうですね。
マルクス思想は本当は個人主義の話しではないんですけれどね。
逆ほう、つまりですも、第三者機関を置きましょうと言いましほう、日本の共産党は、女性のことにつきましての同主義の意義につきましての敬意を言われていましたとのインターネットでの報です。

ここに、そのようなことを言われましたが事実か否かは分かりませんも、安倍 晋三さんの言と致しましての、子供の費用を国が払い、国が育てましと致しますと、破綻をしましな国がありとのことがTwitterでも話題になっていましたが、タチの悪い冗談も含んでかもしれずですがも、Twitterではそれぞれの意見が乗りそうはならず、それを拾いという話しやら...それだけでそのようになりましたの次第ではないでしょうし、例えばですも、高校までの学費が無料でしたりでしょうか、医療がどうとか、税金が高目でありませどもそのような面に使われましたりな国もあり、そのようなことが塩梅と致しまして、成功と言えましょうかどうかは分かりませんも、そのような国もあり、それが良いかどうかの話しがありはそうでしょうけれど、何かひとつだけを取りましてで良い悪いの話しではなしに、多くが絡み合いでのものですね。

長くに掛けましてで作り込まれてきましてで、新たなものは、足すもなくすもそれを下地にしていましであり、抜本的に変わりましと言いましことは、主義がどうのと言いましよりは、国の機構が全て変わりますね。

本当は難解な思想なんですけれどね。

立憲民主党やら日本の共産党などにも以前からそのような話しがありましたが、今回の話しでは、公明党第三者機関を置くことも考えましょうとのことでもありでしたとの報であり、その公明党保守と言われましてもいませど、観ましなかたによりで、左派でありとのことにもなり。

どちらが良いかは分かりませんけれど、いっぽうの意見と致しまして、テレビが報じましたのことが分かりやすく、それによりませば、
《第三者機関を置くことへの懸念の一つは、本来は子供の意見を聞くことを重視をするはずが、大人の意見にすり替わらないか。》
と言いましものであり、故意ではないに致しませど、社会を知りまし大人の解釈がマイナスに働き、本来伝えたいことが伝わらずの懸念につきましての報です。
*置かなければそれはそれで恣意的になりな可能性もありですしね。

政治家さんの議論の話しは、それな記事中では全てを伝えられておらず。とのことかもしれずですし、若しくはとのことを、テレビ側が多少のニュアンス的なことを加えましてでそのようにもしましかでしょうけれど、あれはある程度の年齢に達しまし者の、大人は自分たちのことが分からず。との話しであり。

第三者機関と言いましものにつきまして、それぞれに言われていましなことが違い、ひとつは庁の監視機関であり、ひとつは庁との橋渡しなんです。としか判断ができずです。
恣意的になりましは第三者機関を置かないほうであろうとも思いますけれどね。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】

【沖縄県で暴徒化をした若者が警察署ですかに被害を出したことについて】 この投稿は、2022年は1月の31日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 丁度 警察 のことにつきましてを記していますし、他のこと、例えばですも、 新潟県 の 佐渡金山 の話で、昨年末から今年の初めにかけましての投稿のあたりのようなことにもなっていますね。 色々な ニュース の報ですも、自身もTBSのニュースの報が少しあやふやですが、 TBS の朝の ニュース で、 沖縄県で300人ほどの若者が集まり、暴徒化をしました 。との報でしたも、どうやら、 高校生 でしたかが バイク の運転をしていまして、 警察 が 職務質問 を行ないまし為にそれな バイク と接触をし、 警官 が?怪我をされましとのことと、 高校生 が 眼球破裂 とのことです。 高校生 は 警官 に 警棒 で殴られたとのことを言っていましなそうでありな報です。 また、件の 高校生 はですも、どうやら、 暴徒 とは関係がありませんでしたのようであり、 高校生 の友人も観に来られましては、件の 高校生 が自分で 救急車 を呼んでくれとしていたそうでありなことであったようです。 件の 警官 は、その 高校生 が関係はなかったことは認めていましとのことであり、双方に話を聞きましとのことです。 当初は、 SNS で何でしたかの拡散をされましたのことからに他が知り、若者が集まり。と言いまし体の報でありましたが、上の拡散で集まりかとも思いましたが、そうではないのかもしれず、迷惑行為と言いましょうか、それ以上ですが、そのようなニュアンスもありな報のようでもありましたが、幾分なりと 警官 よりではなくなってきてもいましなようです。 その後、別のニュースでは、 4日ほど前に起こりましたのこと と致しまして、 警官 が バイク で走っていましな少年の静止をしたとのことであり、でありませば、上の ニュース の報が何やらとおかしくに思う部分もありです。 【まるで漫画のよう】 やらからもの繋がりと言いましょうか、昨年末の地元の話やらにも丁度のことあり、まあ色々とあるということでしょう。有り難うとは言えませんし、擁護は致しませんが、なんか、うん。 Su

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】

【国際銀行間通信からロシアの一部の銀行の排除とのことです】 この投稿は、2022年は2月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本時間は26日でしょうか、 国際銀行間通信 から ロシア の一部の 銀行 の排除とのことであり、 アメリカ イギリス フランス ドイツ イタリア カナダ EU 他の国に致しませど、色々な関係もありますので全てが同じにはできずと、それぞれができまし部分で色々なことを行なっていましたり。 *日本時間は27日のニュースでは、 日本 もこれに加わりましとのことが報じられています。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】

【悪いのはプーチンさんひとりでしょうか】 この投稿は、2022年は2月の26日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 日本 の ニュース の報ですも、 プーチン さん個人にも制裁が課せられましては、 EU やら アメリカ やらが 資産の凍結 とのことです。 それ以前に何名かのかたやらがそうであり、その後に追加で言われていましなかたもいます。 *日本時間は27日に、 日本 もこれを行ないまし旨報じられています。 今、 日本 の ニュース では、 ロシア 側につきまして、悪いのは プーチン さんひとりでありましょうの旨、そのような放送にもなってきてもいますが、確かにそのような部分もありますでしょうけれど、軍にも多少なりと物言いまし権限はあるはずであり。 また、 プーチン さんの 支持率 が80%ほどから70%を切っていますとか、これで 支持率の下落 との報もありますが、 インターネット では10%を切っていましとのことが言われていましなそうであり、本当に 支持率 がこれだけ下がっていましならば、 ロシア 側でも反戦のデモが更に深刻化をしていく可能性もありますし、 日本 の放送の一部ですが、例えばですも、 最近は強靭なパフォーマンスがない パーキンソン病の可能性 正確が変容をした ドイツの前首相であるメルケルさんもそのように言っていたなど ロシア軍の偉い人もプーチンさんにおかしいという書簡をあてたとか ロシア軍もかなりの数がプーチンさんに不信感とか 日本 での眉唾含む意味で、 ドイツ のあるかたが言われていましなことと似てきていましたり。 中国のふたつの言 ロシア の 大統領 個人だけに責任を負わせましての 侵攻責任の回避の伏線かもしれず とは思えますが、 ロシア の一般のかたはそれすらできず、反戦ののデモで捕まりましたり、これがありますので イギリス は 亡命政府 の受け入れもでしょうし。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase