スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(桜ういろう)が付いた投稿を表示しています

【自分にしかみえない世界を多くのかたにみせる機械というかたについて】

【自分にしかみえない世界を多くのかたにみせる機械というかたについて】 この投稿は、2021年は5月の6日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 他はですも、 桜ういろうさんのTwitter ですも、 自分にしかみえない世界を多くの人に見せる為の機械 であるという人が出てきましたので、大体そっちのことになったりで、テレビ系も他も済みかな。とは思います。 これは冗談ですも、ブログのようなことをあまりやっていますと、ほうぼうから怒られますし、ただ、おかしなのはそのような犯罪をされてのかたですけれどね。 ですので、少し前のものは、こちらごとでありましたのことも気が付けましたのことからに、 法則性 やら 規則性 と言いますか、 物理法則 という書きかたをしただけのことです。 これはおそらく、多くのというか、暗黙の了解もあったりですが、あちらは単に遊びで行なっていることですし、他のように重犯罪になると恐ろしいだけのことですし、ごちゃごちゃとしてきますので、少し離れようという意味です。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【日本では既に桜の時期ではないことが偲ばれます】

【日本では既に桜の時期ではないことが偲ばれます】 この投稿は、2020年は11月の3日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな頃はですも、 桜ういろう さんがまた少し。 意見の全てに盲信は致しませんが、面白い部分はそれと致しまして。待っていましたよ。 年が変わり同人さんの現在の直近の ツイート ですが、《既にはぁはぁしちゃってるじゃないですか。》です。 これは冗談ですが、あまりオイタをしていると祀られますよ。 その後のと言いますか、 コラボレーション は別記を致しますが、 森友事件 の時分の 赤木ファイル というものの存在を認めるとのことです。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【ういろうとのコラボレーション】

【ういろうとのコラボレーション】 この投稿は、2021年は5月の5日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 【日本では既に桜の時期ではないことが偲ばれます】 と別記を致しますの 【といちはいち若しくは百合】 の同じ時期の別の一面です。 また、 桜ういろうさんのTwitter に出られましたのかたとは、同じことを狙っているということでしょうけれど、何らの関係もありません。 まずですも、多くのかたが行なっている、自分と考えの違うかたを悪としての 日本政府 としたり、はすぐにできることでありますが、ここでは単なる洒落であり、そのような、実際にあることを記したかったという意味合いです。 下は本当に間違えたんですが、そうではなくとも同じですので、 自虐ネタ ということに致します。 桜ういろう さんとのコラボレーションですね。 次ですも、朝の5時くらいにアップロードをされましたの 朝日新聞のインターネット版 の報で、 森友事件 につきましての 赤木ファイル と言いますものの存在を、国が認めるとの記しがあり、 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング では、Twitterのことと致しましてのことと、 ビル=ゲイツ さん夫妻の、同じ文面という ニュース での、公平という言葉が出ていましたし、文面がどうかは分かりませんし、有り難うと言いますはおかしいですも、色々な良いことそうではないこともあり、それともかかりますのことから、有り難うですね。そしてこれは当然ですも、同 ニュース 何故か皆さん真面目でしたが、同 ニュース番組 が終わるときは笑っていましたので、おそらくのところ字の間違いには気が付かれたのかとは思いますし、 TBS の 報道特集 でも、当時含むの取材映像などが流れていましたし、 赤木ファイル につきましては当時は探索中とあり、何でありましたか書面の雛形での文面が同じ部分が多く、予めそのようにしていたのではないか。とのことも言われていたりであり、 赤木ファイル がどのようになりますのかは、まあ、まだ分かりませんけれどね。 赤木ファイル というものの存在のことを認める方針といいますのことからもか、ブログのアクセスが一気に伸びましたがと言いましてもそれほどで