スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(百田尚樹)が付いた投稿を表示しています

【百田 尚樹_やはりとてつもないかたです】

【百田 尚樹_やはりとてつもないかたです】 この投稿は、2022年は5月の15日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 百田 尚樹 さんの ツイート で、( Twitter といいまし意味だけではないでしょうけれど)アホのフォロワーにはアホが多く、何とかのフォロワーにはそのようなかたが多く、その点 百田 尚樹 さんのフォロワーには賢いかたが多いとのツイートがありでしたも、同人さんのフォロワーを観ませば、同人さんが叩かれていましな 橋下 徹 さんと大差なく、同人さんが他者へと攻撃をさせましたり、アホが。ともツイートをされていますけれどね。 アメリカでも轟く名前 と言いまし意味のことが事実か否かは分かりませんも、書籍につきまして言われていましとされまし意味のことでありな次第であり。これにつきましては他国も 日本 の擁護はされずなはずです。 * 日本人 が沢山と別ほうを出されてもいますけれどね。 維新 の 松井 一郎 さんやら 国民民主党 の 大阪 のかたが 百田 尚樹 さんの文学のファンでありとはそれはそれでしょう。 維新 系と言いましょうかあるところはは別の意味もありでしょうけれどね。 以前に、他党と 国民民主党 の話しで、 自民党 (の応援をするかた)には特に 立憲民主党 につきましてとんでもないのがいますし、 維新 (の応援をするかた)にも他党についてとんでもないのが... 立憲民主党 やら 日本の共産 にも... 国民民主党 はこのようなのが少なく、とはまだ記していませんでしょうけれど、そのような意味で記しましたことがありますが、まぁ件の党の応援をされましかたに致しませど、影でそのようにがありかもしれずですが。 それはそれと致しまして、 【前にも歩ける蟹がいることについて】 【姦しい】 【似ている話し】 などを観てみましても、 百田 尚樹 さんへの件の ツイート をされましかたには、《私は言い返せない》ことに気が付きました。 *あくまでも冗談です。 と記しましたらば、丁度 百田 尚樹さんのYouTube ですかで一緒になりな 山口 さんというかたに、《妻子がありが別の女性とどうの》などと物申されましかたがいましたので、そのかたに物申されましな 百

【百田 尚樹_アメリカでも轟くその名前】

【百田 尚樹_アメリカでも轟くその名前】 この投稿は、2022年は4月の23日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 狙ってこちらを落とすようにされていましな時分もありでしたのでどうかは分かりませんが、私のことが載っていまし若しくは載っていましたは悪い意味ではないです。 百田 尚樹 さんですも、色々と大変な目にと言いましょうか、おかしな目にも遭われていましなようでしたりですが、あくまでも Twitter 上でのご本人様やら周囲は気にされておらずや、冗談のようにもされていますけれどね。 *ガーッと言われるときもありですが... 同人さんの ボクシング の ツイート ですもも、別のことでありましたに致しませど、丁度テレビドラマがはじまり、それ系との繋がりにもなってもいましたり。 また、同人さんの 書籍 の話しで、 百田 尚樹 さんの フォロワー のかたが他で色々と出されましてで、別のかたが、《どういうこと?その人何かしたの?僕らも買ったんだけれど...》などやら... 百田 尚樹 さんがたは、同人さんの 書籍 を読まなければ 日本 が終わりとのようにも言われてもいましたりですも、実際のところ、そのレベルか否かは分からずです。売り文句。 *実際のところ、そのくらいの数の離反やら元からの物申しではご本人様や周りにとりましてはどうとでもなりまし数ではあるようですけれどね。 ご本人様には勝てずと言いましょうか、同人さん周りの通常の判断ではなしのコアな面子と言いましょうか、身の隠しにも使われていましなかたがたやら、必ず 百田 尚樹 と言いましかたがたと言いましょうかも、他でやれとなりましは当然ですし、本来の意味での フォロワー はそれで良いはずですが、逆にその フォロワー が裏切りましことはしんどいですね。 このように記しましたは、特にコアな面子は知っておかしな意味で話しを作られていましな部分もありましことは確定であり、これは出ましからであり、この投稿を纏めまし時分にも、悪い意味ではないですも何名かいましたね。 これはどのような人間でもそうでしょうけれど、他多くのかたに致しませどのそれでも多くにいましな人間の一部ですがは、 百田 尚樹 さんのことをある部分では訝しんでいましでありませども

【文章の前の振りについて】

【文章の前の振りについて】 この投稿は、2021年は10月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 別記を致しますも、丁度 文章につきましてのこと があり、それとの関連です。 百田 尚樹 さんの リツイート への コメント を出されていましなかたですも、同所にいましなかたは、 文章 が分からずにそれを生業とされましかたのことを素晴らしいとされましはどうなのか?のようにと思います。 あることがらにつきましてですも、本題に入られまし前に、《◯ですがご容赦を下さい。》などと前振りと言いましょうか、例えばですも、《すいませんが。》などと一言添えまし場合があり、それに対しまして、《ご容赦を下さいと言いつつそのように言うということはどういうことですかね。》のように返されましやら。 百田 尚樹 さんご本人様から《知らんがな》と返されましことは仕方がないですも、これにつきましては、きちんと一言添えられましかたが正しく、礼儀もありです。 あまり言いますとそのかたが叩かれますと困りますので控えますが、例えばですと、これな投稿の一番上などは、私に致しましても言い過ぎであり、余計な諍いをうみますので、もうの少しなりと柔らかい表現に致しますか外しますかとしましなほうが良く。 *反省の意味を込めまして、そのまま記しておきます。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【うかみ 綾乃と百田 尚樹と桜ういろうと】

【うかみ 綾乃と百田 尚樹と桜ういろうと】 この投稿は、2022年は2月の18日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は下の投稿のパロディーのようになってもきました。 【純粋さとは何でしょうか】 【不如帰という小説との関連】 ブログにも記していましな、たまに観ていましの Twitter が エッチ なことしか呟かなくになりましなここ何日かと言いましは冗談ですも、そのような ツイート が多くなってきました。 それでですも、自身の Twitter で行なっていましな 錠 のひとことひとことにつきましては、現在は《 甘くと薫るる 》の辺りですも、 幻冬舎 からの 出版 でありましな うかみ 綾乃 さんと言う 作家 さんの エッチ な 書籍 と同じ比喩であり、それは 甘く薫る桜色のふくらみ という件です。 それな 小説 の要約ですも、映画を撮ろうと、40代の女優さんですかが、映画監督に、起用をして頂く為にエッチなご奉仕を行ないましなわけであり、若い女優さんも...と言いましような感じであるそうです。 桜ういろうさんのTwitter も 桜 繋がりですが、同人さんも 映画のツイート をされてもいましな次第のことであり、更に繋がりが出てきます。 桜ういろうの桜という字との関連 幸福の科学の映画のこととうかみ 綾乃さん作の映画を撮る話 百田 尚樹さん著の日本国紀で盗用かと言うものがまた見付かったというものと幻冬舎とうかみ 綾乃さんと言う作家さん この投稿の末のものとも違う、百田 尚樹さん著の別のものでも盗用かと言うものが見付かったと言うようなこと 何かの収支報告 何故か政治家名がない。桜ういろうさんと言うかたが、《なんですか?この映画は。》などと映画であることを思わせて別の収支報告を貼っていたり.. 出版社繋がり 錠の一文と《うかみ 綾乃》さんという作家さん 錠の一文はそういう意味ではない 作家さんと知人 といいましことであり、これなタイミングでの 桜ういろう さんによりましな上のリストの ツイート でしたので、多少なりと関心があり読みました。 それで思いましたは、とんでもないことするのが多く関係をしていたりですので、

【百田 尚樹_他者への攻撃の号令】

【百田 尚樹_他者への攻撃の号令】 この投稿は、2022年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 最近の 百田 尚樹 さんはこのようですね。 まぁ以前からでしょうし、それを知るかたも多いでしょう。 【眉唾含め色々な話がごちゃ混ぜに含まれる話】 にも一部を記しましたが、それを メッセンジャー に記しましたの後で、 百田 尚樹さんのTwitter で別のかたが叩かれてもいました。 今回のかたのことが全て正しいとは思いませんが、有名人の フォロー をしての他への攻撃という面では、 百田 尚樹 さんだけではなしに、そのようなかたも多く、同じような語気ですので、同じグループでしょうか一部掛かりましかとは思いましたが、 百田 尚樹 さんが号令を掛けていますしね。 違えばやはり丁度遡ってのことであり、日にちが開いていませんので分かり難くと言いましことでしょうけれど、同人さんは 電車 のことやら他いくつかのことで、 フォロワー のかた含みでおかしなことがありましたし。 他国のかたもある 宗教 と一緒になり、そのようにしようと焚き付けられましてで、いざとなりませば、勝手にやれとなりましたり、 黒瀬 深 他何人かも、まず 戦争 と言いまし言葉をチラつかせて、その後に 防衛 としましたり、投稿を観て行きますと、あまり言われてはいませんがの、また、違うようにもなっていますが、政治か通信か他かに幾つかの繋がりが観えますし、 百田 尚樹 さんもそれまでと変えて、そんなことは言っていないとなりですが、言葉そのものは違いませど、そのようにされていますね。 自分たちは安全圏と思っていましで、そこから多くの一般人が死ぬようなことは如何なものかと思いますし、 ツイート をされていましな殆んども逃げますすしね。 覚悟を持てとか、そういう風に言っている人たちがいの一番に逃げましと言いましょうか、他を踏み台にして逃げようとしたり...まあね。肝っ玉小さいねん。というか当然なんですが、だったらあまりなことは控えれば良いのに。という話です。 百田 尚樹 さんは他のことでもそのようなことが多いかたですし、 高須 克弥 さんに致しませどそうですね。 なるほど。と思います。 Subscribe

【百田尚樹_追い風も本人が乗り遅れる】

【百田尚樹_追い風も本人が乗り遅れる】 この投稿は、2022年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 最近の フジテレビ の放送での レコード のことやら、 我那覇 真子 さんと言うかたのことでの 小学館 のことやら、 テレビ朝日の社長の辞任 やら、 添田議員の話 やら、他の幾つかを観ましてもタイトルのかたに追い風ではあるようですも、どうも乗り遅れていましなようです。 まあ既に別、例えばですも 小学館 などが一部から諌められてもいますけれどね。 米山 隆一 さんですも、 日本国紀 につきましては、 表現の自由 があるのでそのようなものが出せる。と、《そのようなもの》と言いまし体ですも、 表現の自由 には責任が伴うこと、法律を犯していませば本来でありませば裁かれましなことですが、 国会議員 になられて弱くになりましたり、基本的に 日本国紀 には言われていましなことがあり、それにつきましてを問題はないとされましたり、ご本人様の Twitter で言われていましなことをすり替えられましたりなことですも、 米山 隆一 さんの ツイート がおかしな意味ではないのでありませば、 百田 尚樹 さんが言っていましなだけ、そのように観せていましなだけ以外にも、やはり議員さんからのこともあるんでしょう。 *上がそうでありませば、議員さんが公に犯罪の片棒を担いでいるわけですから、始末に悪いですね。 それ以前に 米山 隆一 さんが言われていましたの 著作権法 につきましてとの落差が面白く、同人さんもそのような 政治的な立ち居振る舞い と言いましょうか、このようなことを 政治 としてはいけないんですが、特に フジテレビ など、怒られたら辞めておこうと言うような体で、テレビも面白くにやり出しますしね。 何がいけないかと言いますと、百田尚樹さんの書籍につきましては、日本では他人の権利の侵害をしてはいけず、まあ実際にはそのようなことのほうが稀であるわけですも、本来でありませば、他人の権利であるということです。 本人が良いと言えば別です。 まぁ実際のところ、百田尚樹という名前がありそれが売れるわけですも、それはそのようにしていましなほうの言であり、面倒であれば辞めるぞと言えるからでもあり、それこそおかしく、

【百田 尚樹_漫画と日本国紀とこちらとの関連としての錠やら漫画やら】

【百田 尚樹_漫画と日本国紀とこちらとの関連としての錠やら漫画やら】 この投稿は、2022年は1月の17日と、同年は同月の18日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 つまるところ、 日本国紀 に記されていましな内容を著者とされましかたが知らず、その為に指摘をされましてからの直し(それでも盗用でしたり)と言いまし可能性もありですね。 膨大な資料に目を通したと言いましことも、指摘をされてからの可能性も考えられます。 百田 尚樹シリーズ とでも言いまし 百田尚樹カテゴリー ですも、次第に充実をしてきましたし、 米山 隆一シリーズ とでも言いまし 米山隆一カテゴリー とは、趣も違う話になりなことです。 朝日 の報ですも、現在のものと以前のものがありますが、当時は2019年の1月の報と致しまして、 関西の少年院ですかの教官が寮生に 百田 尚樹 さん著日本国紀の宣伝 をされていましとのことであり、ブログに投稿を致しましたと言いまし意味合いでの時期的にも、 【錠の16】 との 関連 が面白く、扱っていましな内容は全くに違いますし、記していましなことも全くに違いますが、これなことからもに、それな前後の章との 関連 が面白いですね。 * 錠 につきましては、何年か前の当時に、時期的にはいついつ頃と記していますし、当初は眉唾とありましたのテレビも放送と言いましか言もあり、その頃でありましと言いまし別の証明方法もありますのでそれで良く、 百田 尚樹 さんが言われていましな 盗用 につきましてとは別ごとであり、ですので、楽しい遊びと致しましても記せましな次第であり、少しずつの勉強にもなりなことですね。 本当はこちらごともありですが、何年か前に 百田 尚樹 さんの 書籍 につきましてのこれなことが叩かれてもいましなようですので、こちらも怪しいとなりもありでしょう。 朝日 の報ですも、 日本国紀 に記されていましとありましな 菅原 道真 の話に致しませど、 百田 尚樹 さんは伝説を記されていましなことであり、それにつきましての違いの指摘をされてもいましなことでありませど、私は伝説ではなしに、そのかたがの 勉学の神様 と致しましてやら 雷の神様 と致しましての話の一部と、現代の話を記していますの違いであり、全て

【百田尚樹さんとその周りと日本の政治と国民民主党】

【百田尚樹さんとその周りと日本の政治と国民民主党】 この投稿は、2022年は1月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 百田 尚樹 さんが当初に以前の(旧版の) 日本国紀 の出版前に、既に直していましとの Twitter への投稿がありますも、出版前のと言いましか、校正やら他の話と、盗用の話を同じにするのはどうかと思いますし、 百田 尚樹 さんはそれが合っていましと言いまし意味でそれな言のリツイートをされているわけですので、とどのつまりは出版社も知っていましたということであり、やはり(盗用などにつきましてのことで)出版社側がとありますが問題のないとしたことと、まぁ間違いの部分のすり替え(になっていない、実際には大変な問題)も認めていましということでしょうし、その上で、該当の出版社社長の言と致しまして記されましていましたのように、出版社に致しませども責任を取る必要はないということかなと思います。 丁度、 百田 尚樹 さんが リツイート をされていましなかたによりまし、 日本国紀 に記されていましな面白い(盗用ではない)こちらとの一致の部分につきましてのツイートがありでしたので、余計に気になりました。 多くのかたからの盗用の話はですも、現在では盗られていますと言わずで良いはずとも曰われていましなかたもいますが、(でも言わなければ動かずは変わらずでしょう)おそらくは、それがありましことからに、旧版、新版での間違いの直しではなく(おかしな部分の直し)、刷というもので直されましての、世間には、増刷が掛かりましほどの売り上げですとしているのは合っていますね。 百田 尚樹 さんが捕まりませんは理由がありでのことでしょうけれどね。と、多くのかたは思いましが普通であるわけです。 当時からね。 このかたの場合にですと、多くのかたが問題提起をされていましな次第ですが... 漫画村 のかたでありませど捕まりましたの次第であり、それと同人さんは同じことをされているわけですが、このようなことからも何故でしょうか?と思われましなかたも多いということです。 他幾つかは、 nguyenkieuanh のほうでも ynimk のほうでもリンクをしていますし、それらを読まれますと大体分かろうかと思います。

【百田 尚樹さんへの勝手な返し】

【百田 尚樹さんへの勝手な返し】 この投稿は、2022年は1月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 百田 尚樹 さんの話はやはり面白いですね。 まあこちらを庇って頂いたんでしょうけれど、それであれば有り難う御座います。 橋下 徹 さんのこととされてもいましたの一部にですが、 百田 尚樹 さんご本人様は知りでのこちらごとを言われていましなこと...件のかたのこととされまし中の僅かな一部です...もありますし、それは分かりますが、そのような意味ではありません。 上と話は変わりますが、 百田 尚樹 さんの ツイート にですも、あるかたの文につきまして、 優等生が書くような中学生の作文 とあり、 朝日 も同じでダメじゃのこいつ。というようなものがありましたが、 朝日 は 優等生 と言いましよりは小難しくに書きますし、 誌面 によりましてや インターネット 系では、口がたつと言いまし意味での攻撃性と言いましょうか、辛辣さが売りでもありましたり。 まあ 百田 尚樹 さんに致しませども、商売でやっていましなだけのことであり、言われますと知らんがな。に変えるでしょうし、悪い意味で権威にすり寄られましたりでしょうけれど、 朝日 が優等生かどうかは分かりませんが、これは冗談ですも、例えばですと 百田 尚樹 さんのことを、 《法律に違反をしない方法で始末をする》 としたら怖いでしょう。 *意見を言われましほうの揶揄のようにや冗談のようにもなっていますが、同人さんのことをそのように思われましなかたは多いんです。 幾つかのことからの判断ですも、こちらのことでありましたらば、できない。 百田 尚樹 さんだけではないですがのように、文の怖さを分からない人の文についての言はちょっと分からん。 他の一般と言いますか、読んで頂けていましなかたへですが、良いですか。 このような意味で、文は人を幸せに致しますし、不幸にも致しますし、自分も不幸にも幸せにもしますし、修練を致しませば絶大な威力を持ちますし、という話です。 弘法大師 の話の、同人さんの位の話と、随分と下になったか?と言いまし冗談も多分にありでの過信にしろ、本当はそうではないですが、観念的な意味ではなしにそのようなこと含むです。

【百田 尚樹さんへの勝手な返しへの説明】

【百田 尚樹さんへの勝手な返しへの説明】 この投稿は、2022年は1月の11日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 百田 尚樹 さんの話が面白かったですので、それへの返しの説明です。 百田 尚樹 さんがこちらが遡りながらのことを合わせられましてでしょうか、他のかたがそのようにされましてのことででしょうか、電車の話で同じようにされましてはできずでありましたの話と下です。 難しいですが、◯さんは周りの多くからは一見おかしな理論の構築をしているように観られましも、その実 理 の無視はしていませんと致します。 それと同じような、または◯さんのほうのことを記していましたの、△さんと□さんのことで、そのようになっていましたり。 ですので、もうできないと致しました。 黒瀬 深 なる人物と 米山 隆一 さんの話でも良いですし、ですので、ある誌面が余計に 黒瀬 深 なる人物の正体というかを晒そうとしたのかもしれませんが、これにつきましてはその実どうでありますのかは分かりません。 テレビで同じようなことを扱い、捏造ではなしのチョッとした奇跡のようなことがポンポンありましたのことや...当時の 吉本興業 に多いんです。 同じことをと言いましょうか、記していましなことの放送が多いですので。 最近のことですも、たまたま、 日本に来られましの米軍の検査の話 東京の小笠原での地震 大分県での地震 匿名出産について 消防のかたの懲戒免職 パトカーへの落書き (今のニュースは捏造を挟む場合があるので事実かどうかは分かりません) 東京での焼肉屋さんへの刃物を持つ立て篭り があり、上のリストと、それ以前の 【時間と空間について_物質の移動までの現在位置についての一部と2022年以降の一部について】 やら 【大阪の北区の何処でかの放火と観られる出火についてとテレビのニュースと当時の 愛媛県の話と丁度に記したことについて】 の一連の、同じ部分もありますが、それではなしに違いにつきまして。 米山 隆一 さんと 黒瀬 深 なる人物の例えと致しまして、同じような意味としても記せます。 これを故意に、どうやればどうなるのか。などの当てを行ないましてのことであり、そ

【様々な挿げ変えでできる歴史】

【様々な挿げ変えでできる歴史】 この投稿は、2021年は12月の28日と、同年は同月の30日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 遡りましてのアメリカでの竜巻の話を記す前に、流れからこちらを先に記します。 巧妙ではありませど、簡単に記しますと、 亀 と 海賊 が挿げ変わっているということであり、そこのかたたちはそのようなことは違反ですので行なっていませんのことです。 百田 尚樹さんのTwitter のことから、歩いて若しくは自転車で行けまし距離の近場の 遺産 やら他の話をしていましたらば、 韓国 側の話が出てきました。 日本 の ニュース での報ですも、 韓国 側が 軍艦島 の 遺産 がどうと言いましを取り消すように申されてのことであるそうです。 下のようなことはですもの、 百田尚樹シリーズ とも言えまし 百田尚樹カテゴリー との関連も面白く、本来でありませば同人さんの書籍とは全くに違うことが、同人さんの Twitter 上でのこと他との、おそらくは故意含めましてのこちらがあるんです。 また、 百田 尚樹さんのTwitter で問題とされていましのひとつがあり、他のことに致しませど、 Twitter 上では、同人さんのことを褒めましツイートも何故か曖昧な言に終始をされましては、具体例を挙げずのことが多くと、同褒めましツイートをされましかたに致しませど同人さんの著書を読まれていませんのかたも多くのようですも、問題は違い、実際のところ、そこで言われていましのこととこちらは全く似ていませんし、同人さんの 日本国紀 とも別ですも、 【百田 尚樹_同人さん周りと同人さんへの反論をされるかた両方とこちらとの類似】 やら他で記されていましのこととの狙いましての挿げ替えもありのようです。 このような挿げ替えからも歴史ができましと言いましな部分でしょう。 *まぁ正直に記しますと、詐欺やら他、そのような意味だけではなしに、何も言っておらずもそこまで家親族を乏められましかのように、腹の立つこともありますけれどね。 遺産 のことにつきましてはですも、 百田尚樹シリーズ とも言えまし 百田尚樹カテゴリー で、丁度に記していましたし、こちらごとでのことはそれ以前から多少なりと言いましもまだ表面をなぞ

【百田 尚樹_同人さん周りと同人さんへの反論をされるかた両方とこちらとの類似】

【百田 尚樹_同人さん周りと同人さんへの反論をされるかた両方とこちらとの類似】 この投稿は、2021年は12月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 故意ですね。 若しくは流れで行ないまし部分。 【百田 尚樹_有名か盗用かと間違いかと】 の下のほうはこのようなことでの流れでもありとのことが分かりました。 フジテレビのニュースで、岸田 文雄さんが、自民党は人の話を聞かないので、聞く力というものにつきましてのことを冗談も含めて言っていた 同局の別のニュースは、(特定の)野党は人の話を聞かない。と冗談も含めてなっていた 海賊になれなかった男という百田 尚樹さんのTwitterに付いたコメントは、他をみると同局のニュース番組のタイトルの話ではない 耳の話の放送があり これは合っています。大山というところのご利益の話 大山 は、以前でしたかは、大きな 七福神 の 石像 を置かれてもいました。 他 宝船 とか。 おそらくはテレビも、そちらにずらしましな若しくはそれのことでありと言えましようにしていましたりのことでしょうし、 インターネット の一部もこれで、やがて実社会もそのようになり、既にそうでありな部分もあり、これで、テレビ側がたとえ主体的にそのようにしていましでありませども、 インターネット であるんだ。となりましはそうでしょう。 強者が弱者を飲み込みましな部分ではあり。 これはどちらが強者かと言いましことではなしに、単なる例えです。 まあ歴史と言いましものは、色々な別のことがくっ付きましたり、挿げ替えましたりも含めまして、そのようにされましてでできまし部分もありましたりなことですね。 該当のところがされましてのことではありませんので、言うに致しませど、誰がお前のとこなんかととなる場合もありですので、余計な諍いになりましなだけです。 これが 【百田_尚樹 行き過ぎたジョーク】 での 百田 尚樹 さんの著に対されましてのものと同じ部分はありませど、それで済みまし部分とそうではない部分がありですね。 日本国紀の話は百田 尚樹さんやら幾人さんかが歴史を曲げているとなり 本来は記した内容にコピー疑惑やら盗用疑惑がありなことであり、他の文で

【百田_尚樹 同人さんへの行き過ぎたジョーク】

【百田_尚樹 同人さんへの行き過ぎたジョーク】 この投稿は、2021年は12月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 実在をしない 出版社 を引き合いに出されまして、( 百田 尚樹 さんたちが) 日本国紀 と言いまし 書籍 になりましものを持ち込まれましたのところにダメ出しをされましたので、現在の 出版社 からの同の 書籍 化でありまし。とのことですも、現在の 出版社 がダメでありましのことの暗喩ですので、それな 出版社 からも言われましな場合もあり。 この 洒落 が分かりましかたへのものでありませば何ということはないでしょうけれども、分からずでありましかたは文句もありでしょう。 その文句に対しましてのアホかといいましことなどとか...実在をせずの 出版社 をどのようにして訴えましかなどとか... 丁度このように メッセンジャー に記しましたらば、幾人さんかに渡りの ツイート で、ほぼ同じことが 百田 尚樹さんのTwitter にありましたが、それをどうのとしていましではなしに、また、このかたがどうのではなしに、 【百田 尚樹_同人さん周りと同人さんへの反論をされるかた両方とこちらとの類似】 に記しまし一部につきましての例えがそのままです。 *日本国紀と言いましものの間違いのことはYouTube版のことになりそうな雰囲気ではありますが、それでありませば更に話が変わりです。 話がどんどんとずれてきます。 実際のところ、 日本国紀 につきましてのことを言いましかたより、そのようなかたのほうが多い場合もありです。 *情勢が良いようですので、きちんと名前を出せとのことを言いましかたもいましたりでしょうけれど、当初とずれてきましたり。 百田 尚樹 さんの 書籍 がどうということとは別問題ですとなりませば多分無理。 実際のところ、件のことがいけず、それを出されまし 出版社 もどうかということが隠されていますので、どうかとはなるでしょうけれど。 百田 尚樹 さんのことを良いと言うつもりはないですが、不特定多数に向けてのそのようなことを曰われまし人間が多い Twitter 。 まぁそれな ジョーク は面白いですけれど...ブログに投稿を致しましたの、 官僚

【百田 尚樹_有名と盗用かと間違いかと】

【百田 尚樹_有名と盗用かと間違いかと】 この投稿は、2021年は11月の23日と、同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿の下のほうにつきましては、別建ててリストに致します。 まあテレビ他にしろ、こちらに言っているんだとできましたり、いや他に言っているんだとできましたりでしょう。 日本人のかたへの言ですも、これな投稿の下のほうの話を、おそらくのところそうでしょうけれどの、 時間と事象 の話でずらしたのでありませば、矛盾があるではないですか。これは私でも他国でもないですね。当時の話を挿げ替えているだけのことで、その後に、多くが挿げ替えられたものを観て事実のように記しますので、体勢はでき、と言いまし部分です。また、これな雑記をメッセンジャーに記しましたらば、当時の少し後のことと同じことが報じられていましたので、これにつきましては別記を致します。 日本 の 政治 やテレビが 詐欺 になっていましなだけのことで、若しくは Twitter やらインターネットとされての終いでしょう。 *そこは神社と大社の違いが分かっていますので、そのような犯罪は行なわずでしょうけれど、読まれていかれましと、犯罪でありと分かります。また、他のところにしろそうであるわけであり、何年か前の 米山 隆一 さんと奥さんの話やら、その当時の摺り替えやらがかかわることですね。例えのひとつと致しますと、アニメの話は違うことであるからで、逆と言われていましなほうが米山 隆一さんのそのようにもされていましたりでしたが、若しくは両方がそのように判断をさせていましな部分であり、同人さんのこととは違うを知っていましなかたも多くといましたのことですし。では何処がですが、大体分かりましな部分ですね。 話を聞き齧った他県と、まあ、他愛媛県の話と、これら全て挿げ替えですね。 では本文ですも、そりゃあ 百田 尚樹 さんというかたも 出版者 も怒るわな。 これにつきましては、11月の末か12月の初めに記しましたので、下のことではありません。ただ、やはり遡ることでの丁度のことになりますね。 大阪 のある 書店 が、 百田 尚樹 さんの書籍でありまし 日本国紀 につきまして、 《 歴史改竄ファンタジー 》 との POP (書籍の宣

【百田 尚樹_同人さんがくれた愛】

【百田 尚樹_同人さんがくれた愛】 この投稿は、2021年は12月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これは今遡っていることの部分に入りますので、先に纏めました。 と言いましか、この人も何人かで 電磁マン とかになればえんやけれど。そっちのほうが楽しいのに。 では本文ですも、 百田 尚樹さんのTwitter に コメント をされましかたが、同人さんの学歴のことにつきましてを申されていましたが、実際のところ、同人さんは 同志社大学 であるようにありますし、良い学校のほうが質も良く。と言いましなことはありますが、そうではない部分もあり、ただ、少しでも良い学校に入りましなことはですも、昔は 日本人 の中でのステータスにもなっていましたりですけれど、他国の 大学 事情とはまた違いましたりですね。 やはり 日本 のかたが読まれましたの上ででしょうか読めていませんが、ここでの言が件のアナウンサーさんに失礼になりますといけませんので、それにつきましてのことは別記を致しますが、このようなことは思っていませんし、 百田尚樹 さんの Twitter に付きましたのコメントと言いましょうか、ある問いにつきましての言であり、どこぞの学部だ学校だと言いましは、冗談で記していましなだけであり、実際のところ、ある方面では他のかたより豊富な知識がありましなかたやら、とんでもない計算ができましたりなかたやらもいますし、そのようなことは職業によりけりな話であり、建築やら鉄工やら調理やら絵画やら文他技能職と言われましなことでの、仕事上で使いましな大学レベルの計算とは違いの、感覚の話に致しませども、ひとつひとつを言葉に致しませば、とんでもなくに小難しい計算式になりますし、それを表現ができまし技術を持っていますね。と言いましことです。 良い学校を出ますと偉いと言いましは、 日本 では当て嵌まらずでありましなことも多いですが、特に一時にありましたの親の見栄で良い学校に入りませども、それが精一杯であり、 高等学校 もコースが分かれていましなところもありですも、授業に付いて行けずに 進学コース から転落をされましたり、大学に致しませどのエンジョイできずに 中途退学 をされましなかたも多くといましたり、逆にですも、 MIT ( マ