スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【鬼の居ぬ間に洗濯】

【鬼の居ぬ間に洗濯】 この投稿は、2019年は8月の18日にメッセンジャーに記していた雑記をブログ用に纏めたものです。 小泉 純一郎 さんが 小泉 進次郎 さんの奥さんのことで言っていた《 まさみ 》さんという件についてですも、こちらでも、もうひとつの意味を考えた次第のことですが、何年か前に放送をされていた、 タレント である めぐみ さんと、 アナウンサー である 羽鳥 慎一 さんの番組まで遡ることになりました。 私は別からにして、当時まで記録を遡ったということではなく、その後に他局であったこちらごとと似通った連続からと、このことにつきましても似通ったことがありで、覚えていたというわけですも、その番組は 生放送 で、生き別れになったかたのことについての放送であったように記憶をしていますが、番組中での同二人の《 黒子の位置までそっくりですね 》との言のことで、そのようなわけはな、どこがそうかということは分かるわけで、嫌味かと思った次第ですも、何年か経ち、 タレント である 久本 雅美 さんのことと掛けているのかと思った次第です。 *そのように思う理由はあるんです。 元々何やらとあってか、こちらごとであったことで、 フジテレビ の グッディ というニュース番組で、 北村 晴夫弁護士 さんが、カメラに向かっての言として、《分かりますよ。似た人を云々》との冗談があったことや、他の関連要素からと、後に違うようになっていること含め、尾鰭がついて様々な話になっている。ということもあるようですが、元々こちらごとでもないでしょう。 このようなことの少し後ですも、 タレント である めぐみ さんが、 コメディアン である ダウンタウン さんに、《テレビって何なの?》と漏らしていたことがあったわけですが、知らない人間が多数と存在をしてひとつのものを作っている。という組織であることから、多くのことに対してですも、そのようなこともあるのがテレビである。ということでしょう。 *ここで記している知らない人間とは、かかわる人一切という意味合いの書です。 さては何ヶ月だか前のことですも、 フジテレビ のニュース番組である バイキング でも、おかしなこと。という意味での不思議なことにかんしては、誰かが電話なりメールなり(それに類するもの)で言

【テレビを巻き込んでの年数のズラし】

【テレビを巻き込んでの年数のズラし】 この投稿は、2019年は8月の19日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に纏めたものです。 ここで少し、以前にした投稿にかかわることの投稿をしてみようと思いますが、イチャモンではなく、おかしなこと。という意味です。 まずですも、 夏目 三久 さんと コメディアン である 有吉 弘行 さんの結婚の話があったのは、2016年とのことですね。 それが、何故、今年に、自分が 日刊スポーツ だかに記事を書いて、トップ一面を飾っているに、各局それの放送をせずであったのか!などやら、そこのかたも、他の話題ばかり出して、そのことに一切触れない旨曰うかたがいたんでしょうか? 以前に nguyenkieuanh での投稿にも少し記しましたが、このことが分かった当時に、上のような疑問が湧いたわけです。 *何処かよそよそしくに観えたのは、この為ではなく、下のようなことの幾つかですね。 当時のテレビの放送を観ますと、 TBS の該当の ニュース番組 はこれを知ってのことで、その次の日にはこれが更に顕著でした。 フジテレビ では楽しい意味からか、 バラエティー番組 として、別のアナウンサーさんのことになっていましたが、裏でこのようなことがあった。ということは合っていますね。 このようなことは、こちらにはどうでも良いことであるわけですが、では何故、該当の ニュース番組 が始まる時間に、当時このブログに貼られていた 日本製 の ウィルススキャン の解除がされていたんでしょうか?というような疑問が湧き、これの答えは出ていて、あるかた若しくはグループが行なっていたことで、それの一環としてのことでもあったんでしょうけれど、これにつきましては別記をすれば良いことです。 このような個人ではなく、全体としての以前から、 福島 のことの表示にかんして、 日本 の インターネット で同じようなことがもうひとつあったこととは、また別です。 詳しくは別記を致しますも、ひとつですが、 安倍首相 の《 安 》の字を 元号 の案から外せとしていて、それができないので、個人のブログを消して回っていた人たちで、おおよそのグループは分かりましたし、理由も分かりましたが、そのようなことは言っていませんし、元々《 安 》の字はなか

【勝ちと負けまでが変わる分割のマジックについて】

【勝ちと負けまでが変わる分割のマジックについて】 この投稿は、2019年は8月の25日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に纏めたものです。 今はまだ分からないかもしれませんが、 インターネット の世界にも、このようなことを行なって、操作をしているかたがいますね。 例えば、 カードゲーム がありますが、その ゲーム のルールとして、以下のようなものがあったとします。 パスは禁止です。場に カード を出せなくなると失格です。 このルールと、 パスは禁止です。 場に カード を出せなくなると失格です。 このルールの違いです。 分割のマジック ですね。 ひとつめのリストについてですが、 《パスをすると、つまり、場に カード を出せなくなると負け》 で、手持ちの カード を使い切った場合には、勝ちかもしれませんし、普通であればそのように判断をするものです。 これは、 カード を出せなければ失格。という文言が、パスをするとダメ。という補足として判断をされる為です。 ふたつめのリストについてですが、 《場に カード を出せなくなると負け》 で、手持ちの カード を使い切った場合でも、勝ちにはならずに、次に自分にターンがまわってきた段階で、自動的に失格となるわけです。 勝ちと負けが変わるんです。 確か、 日本テレビ での 24時間テレビ という番組で、このようなことを行なっているかたが、何か言っていました。 この例えのように、 カードゲーム などであれば、負けようとどうしようとさしたる事態にはならないわけですも、このようなことを狙って行なうかたもいます。 これを防ぐには、きちんと確認をする。ということが一番良いわけですが、思い込みを突かれていますので、殆どのかたはそのようなことは頭の片隅にもなく、しないはずです。 特に最近は、悪い意味での、このような部類での頭の良いかたも、良く表に出てきていますね。 このようなことと似たようなことに対してですが、テレビでも、そのようなことは個人の思考では無理である旨言がありましたも、その実大所帯で行なおうとすることのほうが無理ですね。 この投稿では、自分の思い込みだけでものごとの判断をしてしまい、

【水の災害がもたらすものの一部】

【水の災害がもたらすものの一部】 この投稿は、2019年は9月の1日にメッセンジャーに記していた雑記をブログ用に纏めたものです。 2019年は9月の1日、この頃のことですが、 九州地方 やら 北海道他 で、 冠水 が起こったりと、 田畑 への被害が甚大であったそうです。 何日も続いての 雨 や 曇り で、まるで 梅雨 の時期のようとの報でしたが、実のところ、そこまで酷いわけではない。との報もありました。 この辺りにしても、何日間かの僅かな時間の 雨 はあったにせよ、有り難いことにそうではなかったですが、別の地域では、 観測史上最大 云々と言われてもいました。 メッセンジャー にこのことを記した何日か前だかには、 鉄工所 からの 油 が 病院 だかの周りに流れている旨放送があったんですが、 ニュース番組 である サンデーLIVE を観る限りでは、全滅と言える体のことで、復旧には20年と言わず掛かるそうとあり、そうなれば 農業 を辞めることも考えなければならない。とのインタビューが放送をされていました。 こちらでも聞いた限りでは、 田んぼ は、 水 であってそれがすぐに捌ければ、且つ 稲 などが倒れていなければ、そこそこはなんとかなる場合もあるとのことですが、これが 油 となれば話は変わり、 国会 でも、 国民民主党 の 玉木 雄一郎 さんが、 塩害 についてを言っていました。 これは全国で共通であるのかどうかは分かりませんが、例えば、 アスファルト というか、 道路 は 水捌け を良くする意味でも、両脇を下点として、山形になっている地域もあります。 ですので、大量の 雨 が降った場合でも、それが僅かな時間のことであれば、すぐに乾くんですが、テレビで言われていたこととして、それ以上に 雨 が降った場合ですと、 道路 が 水 を吸わないことから、荒れ狂う川のような流れになることもあり、そのことで甚大な被害を受けているところもある。とのことでした。 それはその通りですも、近くに海があったり、コンクリート製だかの、幅の広い川のような 水 の流れるところがあったり、そのようなところに 水 が行くように、周囲の環境の加味をしての設計も重要である。ということで、有り難いことにそのようになってもいるようです。 海までが遠いと

【幾つかの会社と地域での示し合わせにも使えるいけないこと】

【幾つかの会社と地域での示し合わせにも使えるいけないこと】 まずですも、8月のはじめまでの 関連事案 を遡ってブログ用に纏めているとした傍から少しばかりと最近のことを記すのご容赦を頂けますと幸いですが、特にここ何週間は、また賑わいを観せるようになった街のこともあり、それはまたの機会に記させて頂くとしてですも、今現在の 国会 ですが、 共産党 のかたが ジャパンライフ のことについての質問をしていて、他党や無所属のかたも別の側面から 桜を観る会 についての質問をしています。 これにつきましては、そのようになるまでは私は知らずのことであり、その上でサイトを観た結果思ったことをここに記しますと、やはり、ブログの最近の読み物のうちのこちらごとと、状況と年数がドンピシャリであるわけです。 誌面によりますと、 ジャパンライフ は本来であれば、2015年に 業務停止命令 を受けているそうで、 マルチ商法 である旨言われてもいたところで、最近に 立憲民主党 に宛てた中にも、別ごとであると思ったとしてのそのことではないと思う旨お断りを入れてのことで出ていますし、もうのずっと扱われていた話題であるとのことです。 該当のサイトなどが、 文章 を故意にそのようにした可能性はあれど、単に、 読み物 とのタイミングの一致という意味ではありません。 さてはこちらごととしてのことですも、 業務停止命令 とまでは行かずと、 業務の改善命令 というか、 指導 だか 注意 のようなことを何度か受けているところもあり、それでなお、そのようなかたが行なっているところもあるわけです。 同じ人が行なったり、人を変えても同じであることは、よくあることかもしれませんが、人がいないを言い訳に、会社の現状を伝えずに、好き放題とさせてきた結果でしょう。 例えばですも、会社を幾つかと作り、内部的な人員は行き来ができることから変わらずと、表向きには違う会社である旨言えることと、そのようにしてであろうと改善をしているのであれば、あらかたのことは知ってはいれど、まずはその状況の注視をするに留めることもあり、これにつきましては良い面もあるように思われますが、 行政 との 癒着 にならないように気を付けるべきことでもある部分なんでしょう。 ここにも、以前に確認を取ったところの、《別の会社のこと

【当初からのことに加えての別の流れで少しずつですが分かってきたこと】

【当初からのことに加えての別の流れで少しずつですが分かってきたこと】 この投稿は、2019年は11月の21日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 愛媛給食 のことは、逐一話が変わることも考えて、そちらには、11月の21日の火曜日からのことから纏めています。 と、このように宛てたこのように宛てた次第のことですも、 【日々是同じで変化も同じ】 では、それ以降のことから記しています。 ここ最近ですも、また話が変わり、 井谷 さんが 岩城 に戻ることとなったようです。 また、どうやら、責任者として来させたのではないそうです。 何ヶ月か前のことですが、 岩城 に幾つかある就業所のひとつから、辞めたかたがいて、 井谷 さんは、言われた職場におらずのその場所に行き、仕事をしておらずのことで、これだけであれば何のことはない、日常であるところもあるようですが、同人さんにそこをやらせるように誘っているかたがいます。 上のようなことは、会社のことですし、それならそれで良いはずが、 調理師免許 がいるわけです。 一昨年だかに、持っているとしていた 井谷 さんですが、その実持っていないんです。 そこをやるように誘っているかたも、現在、その場所で調理をしているかたも、 調理師免許 を持っていないんです。 ですので、夜は カンボジア のかたの寮に泊まっていて、既に何ヶ月と経過をしているようですが、当初は 生活必需品 などのことや、 家賃 を同じだけ引かれることや、日本人からは取っていないであろうことからで、文句も出ていたんです。 これは問題になっていますが、会社としては、そのようなところに言われると困ることもあり、囲い込むわけです。 造船 にも言われて、会社にしても追い出したはずが、ほとぼりが覚めた頃に、このようになるわけです。 このことを記した時分に、 黒瀬 さんが、うちに、 井谷 さんを誘っているかたの言として、自分は試験を取りに行き、その時のことを語っていたとしているわけです。しかし、取得ができたかどうかへの言及がないわけです。 持っていないんです。 私は、当然にして、前かその前の外国の子が、今の子に対して、そのように言っているのではなかろうか?と思ったわけですが、その実、連絡を取っ

【日々是同じで変化も同じ】

【日々是同じで変化も同じ】 この投稿は、2019年は11月の24日にメッセンジャーに記していた幾つかを、ブログ用に纏めたものです。 この投稿では、少々とこちらごとにかんしてを記しますが、繋がっている部分を明確に出すこともありなものですので、そのようにもしています。 また、 愛媛給食 のことはそれ用にカテゴリーに纏めるほうが良いかと思ってはいますが、様々なかかわりがあることから、難しいですので、少しずつとさせて頂きます。 その都度の小分けにした投稿で申し訳がありませんが、この投稿でも、一連の最後から記します。 まずですも、11月の24日にですが、以前に所属をしていた会社のかたに宛てて、 《テレビや雑誌のおかしなことの 関連 の幾つかは、 安倍首相 ということになるのかもしれまんし、それはそれとしてですが、これはお願いですも、件のかただけのことではなく、地域ぐるみや、危ないかたぐるみや、役所や議員さんぐるみ、そのかたたちが意図を知っていようといまいと、そのようなことがあるのであれば、それは止めて頂きたいですね。でなければ全てがおかしくなりますので》 とはしていました。 次ですも、その何分かと前にですが、 《何年か前から、外国のかた含むに口封じのようなこともあり、これにつきましても当時から言っていましたが、別記を致しますも、他のところでも、同じようなことがあり、その一部はテレビで放送をされていましたし、インターネット上での、日本人による事実や虚実がありましたが、私が問題としている会社でのそのようなことにつきましても合っていたようです。》 などと宛てました。 このようなことは、丁度今の 国会 ともドンピシャリであり、これは狙ってのことではなくの、元々からの状況でしょうけれどね。 以下のようなことやこれまでのことに対して、 善家 さんというかたが、 《このようなことを言うと、どうなるのか分かっているのか!あんたも破滅だ》 などと 電話 を掛けてきたそうですが、あぁ、そうなの?とは返したそうですし、元々言わなければならないことは言っているはずで、このようなことからも、沢山のおかしなお返しがありましたし、何でもかんでも言うからダメとはありました。要するに、大人なんだからという、暗黙の了解のことです。